- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブライアン兄弟 過去の敗戦払拭

男子国別対抗戦であるデビスカップのワールドグループ1回戦で、初日のシングルスでイギリスから2敗を喫したアメリカだったが、7日に行われたダブルスではB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組がJ・マレー(英国)/ D・イングロット組を6-3, 6-2, 3-6, 6-7 (8-10), 9-7の接戦で制して勝敗の行方は最終日へと持ち越された。

飛び上がって胸をぶつけるチェスト・バンプで有名なブライアン兄弟は、史上最多となる104度ものダブルス優勝を誇るATPツアーでも最強のダブルス・ペアで、これでデビスカップでは2セットを先取した試合での負けなし記録を更新した。

2013年にブラジルとセルビアにフルセットの敗戦を喫していたブライアン兄弟は「辛い敗戦を経験している。だからお互い“あの痛みをかき消そう”と言いながら戦ったんだ。」とマイクが試合を振り返った。

それでもこのアメリカとイギリスの1回戦ではイギリスが勝利を飾るであろうと言う予測は覆されてはいない。

イギリスのエースでありウィンブルドンと全米オープン覇者であるA・マレー(英国)は日曜日に行われるシングルスでアメリカのエースであるJ・イズナー(アメリカ)と対戦するが、イズナーは初日のシングルスでJ・ワード(英国)との5時間にわたる死闘を演じるも逆転負けを喫しており、それはイズナーにとって肉体的にも精神的にも傷付くものだった。

「イズナーがベッドから飛び起きてアンディ(マレー)と戦えるとは思えないね。」と語るのは、ダブルスに出場したマレーの実の兄であるジェイミー。

この展開は昨年の1回戦でも対戦した両国の流れに似ている。その時はアメリカのサンディエゴで試合が行われたが、イギリスがアメリカに対して初日のシングルスで2勝を飾り2日目のダブルスではアメリカが1勝を上げるも、結果3勝1敗でイギリスが勝利を飾っていた。

アメリカはこれまでのデビスカップでの戦いで0勝2敗となった対戦が40度あったが、そこから逆転して勝利を収めたのはわずか1度で、それは1934年のオーストラリアとの対戦だった。逆にイギリスは、2勝0敗とリードした対戦ではこれまで全て勝利を収めている。

3時間39分に渡って行われたこの日のダブルスでは、サービング・フォー・マッチとなったマイクのサービスをキープし勝利した瞬間、ラケットを手放しトレードマークであるチェスト・バンプを披露してブライアン兄弟は喜びを表していた。

ジェイミーとイングロットは通常のツアーでは別のパートナーと組んでプレーしている。この二人がペアを組んでダブルスの試合を行ったのは2002年から2003年のジュニア時代だった。左利き同士のペアであるこの2人がコンビネーションを確立させるには時間が必要だった。

ジェイミーは序盤での自身のサービスゲームでは苦しい展開を強いられた。最初の4度のサービスゲーム全てでブレークを許し、2セットをアメリカに先取される原因となってしまった。イングロットは国歌を聞いて興奮し過ぎてしまい簡単なボレーをミスしてしまったと語った。

2セットを失ったイギリス・ペアだったが、前日のワードの壮絶な勝利から力を得たのか、第3セットではレベルを上げ、第4ゲームでマイクのサービスをブレークし、セットカウント1ー2とすると、第4セットも接戦となったタイブレークを制し勝敗の行方をファイナルセットへと持ち込んだ。

地元ファンは更に大きな歓声を上げていた。観戦していたアンディ・マレーは興奮から、コートサイドに座ってはいられないほどだった。

タイブレークのないファイナルセットではサービスキープが続いたが、第15ゲームのジェイミーのサービスゲームで痛恨のブレークを許してしまった。そのゲームではイングロットが4度もボレーのミスを犯してしまい、続くブライアン兄弟がサービスをキープしゲームセットとなった。

イギリス対アメリカの組み合わせは以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:
○A・マレー vs
D・ヤング(アメリカ) 6-1, 6-1, 4-6, 6-2

・シングルス第2試合:
○J・ワード vs
●J・イズナー 6-7 (4-7), 5-7, 6-3, 7-6 (7-3), 15-13

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:
●D・イングロット/ J・マレー vs
○B・ブライアン/ M・ブライアン 3-6, 2-6, 6-3, 7-6 (10-8), 7-9

【大会3日目】
・シングルス第1試合:
A・マレー vs J・イズナー

・シングルス第2試合:
J・ワード vs D・ヤング


■関連ニュース■ 

・英国8強王手 5時間の死闘制す
・マレー「維持するのは難しい」
・マレー 地元でファン掴めるか


■最新ニュース■ 

・全豪Vペア起用で8強王手
・ジョコビッチ 複でも勝利に貢献
・日本 カナダに2勝目許す


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月8日16時58分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!