- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】日本 カナダに2勝目許す

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は7日、大会2日目のダブルスに登場した添田豪(日本)/ 内山靖崇(日本)組はD・ネスター(カナダ)/ V・ポスピシル(カナダ)組に5-7, 6-2, 3-6, 6-3, 3-6のフルセットの末に敗れ、日本は通算1勝2敗とカナダに逆王手を許してあとがなくなった。

大会初日は第1試合に登場した伊藤竜馬(日本)M・ラオニチ(カナダ)に敗れ、第2試合では日本のエース錦織圭(日本)がポスピシルに勝利して1勝1敗で大会2日目を迎えた。

この試合、第1セットで先にブレークに成功したのは添田/ 内山組だったが、その後すぐにブレークバックを許し、最終ゲームとなった第12ゲームではチャンスボールをポスピシルが叩いてブレークを許し、第1セットを落とす。

第2セットは第3ゲームでネスターがバックハンドをアウトしてブレークに成功。その後第5ゲームでも添田がバックのリターンエースを決め、2度目のブレークに成功して大きくリードし、添田/ 内山組が第2セットをゲームカウント6−2で奪い返す。

しかし、第3セットでネスター/ ポスピシル組がギアを上げ、第2ゲームで添田/ 内山組はブレークを許し、第3ゲームではネスターのダブルフォルトでブレークバックのチャンスが訪れていたが、このチャンスを活かせずにしのがれる。

その後は第9ゲームでネスター/ ポスピシル組のセットポイントを2度しのぐ粘りを見せた添田/ 内山組だが、ギアを上げてきたポスピシル/ ネスター組のサービスを崩すことが出来ず、第3セットを落とした。

続く第4セット、ここにきてポスピシルのミスが目立ち、第2ゲームで添田/ 内山組がブレークに成功。第5ゲーム終了後にポスピシルは、トレーナーを呼んで右肩のマッサージを受ける場面も見られた。

その後も添田/ 内山組は2度のブレークチャンスを与えるも、しのいでサービスをキープして第4セットを取り返しファイナルセットへと持ち込む。

ファイナルセットでは、序盤は両者サービスキープが続くも、第6ゲームで添田/ 内山組がネスター/ ポスピシル組にブレークチャンスを与えてしまうも、スマッシュを決めてピンチをしのぎ、最後は内山靖崇がサービスエースを決めてキープする。

しかし、第8ゲームで添田豪がダブルフォルトと痛恨のミスを犯し、ラブゲームでブレークを許してしまい、フルセットの末に敗れた。

添田豪と内山靖崇は、先日行われた島津全日本室内テニス選手権でペアを組みダブルスに出場し、決勝で敗れたが準優勝を飾っている。

昨年行われた日本対カナダ戦で内山靖崇は錦織圭と組んで出場し、ネスター/ F・ダンチェビッチ(カナダ)組を6-3, 7-6 (7-3), 4-6, 6-4で下し、ワールドグループ制以降初のベスト8進出へ向け大きな1勝をあげていた。

一方、添田/ 内山組と対戦したポスピシルはダブルスランキング15位で、昨年のウィンブルドンで自身初タイトルを獲得すると7月に行われたアトランタ・オープン、10月に行われたスイス・インドア優勝と3勝をあげ、ダブルスの才能が開花した。

パートナーのネスターは42歳のベテランでダブルスランキングは5位。N・ジモニッチ(セルビア)と長く組み活躍しダブルス87勝を上げている。今年はR・ボパンナ(インド)と組み今季既に2勝をあげている。

前回の対戦でダブルスを制したのは日本だったが、今回はダブルス巧者に善戦するも勝利をあげることが出来ず、カナダに先に2勝目を許すこととなった。

日本とカナダ戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:
●伊藤竜馬 vs
○M・ラオニチ 2-6, 1-6, 2-6

・シングルス第2試合:
○錦織圭 vs
●V・ポスピシル 6-4, 7-6 (7-5), 6-3

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:
●添田豪/ 内山靖崇 5-7, 6-2, 3-6, 6-3, 3-6
○D・ネスター/ V・ポスピシル

【大会3日目】
・シングルス第1試合:
錦織圭 vs M・ラオニチ

・シングルス第2試合:
伊藤竜馬 vs V・ポスピシル


■関連ニュース■ 

・錦織勝利 日本1勝1敗
・伊藤 ラオニチに完敗
・日本 ダブルス巧者撃破なるか


■最新ニュース■ 

・豪 若手起用の好采配で2勝
・昨年準Vフランス 好スタート
・英国8強王手 5時間の死闘制す


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月8日9時12分)

その他のニュース

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!