- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー ジョコビッチ抑え1位

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は1日に行われた男子決勝で、N・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(英国)を下して史上最多優勝回数となる5度目の優勝を飾って幕を閉じた。

大会を終え、サービスエース数やブレーク成功回数などの記録が発表され、錦織圭(日本)も複数の項目でランクインした。

【最多ファーストサービス・リターンポイント数】
※()内は試合数

1位 A・マレー 188回(7試合)

2位 N・ジョコビッチ 149回(7試合)

3位 S・ワウリンカ(スイス) 131回(6試合)

4位 T・ベルディヒ(チェコ共和国) 127回(6試合)

5位 G・ディミトロフ(ブルガリア) 107回(4試合)

6位 D・フェレール(スペイン) 104回(4試合)

7位 錦織圭 103回(5試合)

7位 R・ナダル(スペイン) 103回(5試合)

9位 F・ロペス(スペイン) 99回(4試合)

10位 N・キリオス(オーストラリア) 92回(5試合)

11位 A・セッピ(イタリア) 86回(4試合)

12位 M・バグダティス(キプロス) 85回(3試合)

13位 M・ラオニチ(カナダ) 82回(5試合)

14位 K・アンダーソン(南アフリカ) 69回(4試合)

15位 J・ヤノヴィッツ(ポーランド) 67回(3試合)

16位 G・ミュラー(ルクセンブルグ) 66回(4試合)

17位 G・ガルシア=ロペス(スペイン) 65回(4試合)

17位 D・ゴファン(ベルギー) 65回(2試合)

19位 S・ジョンソン(アメリカ) 64回(3試合)

20位 B・トミック(オーストラリア) 63回(4試合)

となっている。

大会準優勝のマレーが優勝したジョコビッチに40ポイント近く差をつけて1位となっており、1試合平均約27ポイントといかにマレーがリターン巧者かがわかる。

また7位の錦織は1試合平均約20ポイントとなっており、1試合平均が最も高いのはバグダティスに敗れ2回戦敗退となったゴファンの1試合32.5ポイントとなっている。


■関連ニュース■ 
・錦織 決勝進出者に次いで3位
・最多ダブルフォルト 1試合18
・全豪 最速サーブは242キロ


■最新ニュース■ 
・34歳 ツアー初の決勝進出
・世界4位マレー 6年ぶりVなるか
・メンフィス・オープン ドロー表


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月8日15時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!