- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モンフィス 同胞に大逆転勝利

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は20日、男子シングルス1回戦が行われ、第17シードのG・モンフィス(フランス)が同胞で主催者推薦枠で出場のL・プイユ(フランス)を6-7 (3-7), 3-6, 6-4, 6-1, 6-4の2セットダウンからの大逆転勝利をおさめ、2回戦進出を果たした。

この試合、第1セットは両者サービスキープでタイブレークとなり、モンフィスがタイブレークを3−7で落とし、第2セットはプイユに1度ブレークを許して2セット連取される。

2セットダウンとなるも、モンフィスはここから調子を上げていき、第3セットを取り返す。勢いをつけたモンフィスは、第4セットでスーパープレーを連発して会場を盛り上げ、このセットをゲームカウント6−1で取ってファイナルセット持ち込む。

ファイナルセットでは、ゲームカウント0−3とプイユにリードを許したモンフィスだが、プイユのミスが連発してここから3ゲーム連取して追いつく。そして最後はプイユをサービスで圧倒し、2時間47分でモンフィスが2セットダウンからの大逆転勝利をおさめた。

2回戦でモンフィスは、J・ヤノヴィッツ(ポーランド)と対戦する。

元世界ランク7位のモンフィスは、過去同大会で2009年にN・アルマグロ(スペイン)を下して4回戦進出したのが最高成績となっており、昨年は3回戦でR・ナダル(スペイン)に敗れて4回戦進出とはならなかった。

《昨年同大会の記事はこちら》

モンフィスは今シーズン、先日行われたハイネケン・オープンに出場予定だったが、個人的な問題を理由にして欠場となっており、この試合がモンフィスにとって今季初の試合となった。

《モンフィス欠場の記事はこちら》

一方、敗れたプイユは、先日行われたハイネケン・オープンの予選に出場、予選3試合を勝ち抜き本戦出場を決めた。本戦では準決勝でA・マンナリノ(フランス)に敗れるもベスト4進出を果たした。

過去同大会では、昨年も主催者推薦枠で出場するも1回戦でD・ラヨビッチ(セルビア)に敗れて2回戦進出を逃しており、今回も同胞のモンフィスに敗れて2回戦進出とはならなかった。


■関連ニュース■ 

・ヒューイット 3年ぶりの2回戦
・ナダル「質の高い勝利が必要」
・ジョコビッチ 大会5度目Vなるか


■最新ニュース■ 

・錦織 「世界5位の気負いはない」
・守屋 宏紀 初本戦は勝利飾れず
・添田 応援が「本当に力強かった」


■最新動画■ 

・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月20日22時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!