- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織と激突する王者ナダル「まだ4回戦、道のりは長い」<全豪オープン>

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は18日、男子シングルス3回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)が第25シードのG・モンフィス(フランス)を6-1, 6-2, 6-3で下し、ベスト16進出を決めた。王者ナダルは4回戦で第16シードの錦織圭(日本)と激突する。

試合後、ナダルは「難敵に対していいテニスが出来て、とても満足している。難敵だったからこそ、自分のテニスのレベルが上がった。」と、話した。

「自信を得る事が出来た。でも、まだ4回戦、道のりは長い。」

ナダルと錦織は今回が通算6度目の対戦。過去5度の対戦でナダルは錦織に5連勝している。

昨年ナダルは、左ひざの故障により全豪オープンに出場しておらず、今年は2年ぶりのプレーとなっている。

3回戦、センターコートのロッド・レーバー・アリーナでプレーしたナダルは「昨年は出場出来なかったから、今大会で再びプレーする事が出来て感極まっている。今日の試合では現時点まででベストなプレーが出来た。」と、詰めかけた観客に向けて感想を話した。

モンフィスとの3回戦、ナダルは第1セットの第1ゲームでいきなりモンフィスのサービスをブレークして波に乗る。第2ゲームではモンフィスに3本のブレークポイントを握られるも何とかしのいでゲームカウント2−0とすると、リードを活かしてこのセットを先取する。

第2セットに入ってもナダルは手を緩めず、自らのサービスゲームでわずか1ポイントしか落とさない猛攻ぶりでセットカウント2−0。勢いを維持したナダルは第3セットもゲームカウント6−3で奪い、試合に終止符を打った。

昨年、ナダルは全豪オープンをスキップした後に復帰し、全仏オープンと全米オープンで復活の優勝を遂げた。昨年獲得したタイトル数は10にも及び、またシーズン末にはN・ジョコビッチ(セルビア)から世界王者の座を奪還した。

全豪オープンはナダルが2度以上優勝していない唯一の四大大会となっており、優勝は2009年のみ。2年前にはジョコビッチと決勝戦を争ったが、フルセットの激戦の末に敗れている。

【錦織圭 vs ラファエル・ナダル 過去の対戦成績】

<2013年>
・全仏オープン4回戦 錦織圭 4-6, 1-6, 3-6 R・ナダル

<2012年>
・ソニー・オープン男子4回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2011年>
・ソニー・オープン男子2回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2010年>
・ウィンブルドン1回戦 錦織圭 2-6, 4-6, 4-6 R・ナダル

<2008年>
・AEGON選手権3回戦 錦織圭 4-6, 6-3, 3-6 R・ナダル

【錦織圭 全豪オープン戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 V・ハネスク(ルーマニア) 6-7 (5-5), 6-3, 6-1, 6-3
・2回戦 勝利 C・ベルロク(アルゼンチン) 7-6 (7-4), 6-4, 6-1
・3回戦 勝利 E・ドンスコイ(ロシア) 7-6 (7-3), 6-2, 6-3
・4回戦 敗退 D・フェレール(スペイン) 2-6, 1-6, 4-6

<2012年>
・1回戦 勝利 S・ロバート(フランス) 6-1, 7-6 (9-7), 6-0
・2回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 3-6, 1-6, 6-4, 6-1, 6-1
・3回戦 勝利 J・ベネトー(フランス) 4-6, 7-6 (7-3), 7-6(7-4), 6-3
・4回戦 勝利 JW・ツォンガ(フランス) 2-6, 6-2, 6-1, 3-6, 6-3
・準々決勝 敗退 A・マレー(英国) 3-6, 3-6, 1-6

<2011年>
・1回戦 勝利 F・フォニュイーニ(イタリア) 6-1, 6-4, 6-7 (4-7), 6-4
・2回戦 勝利 F・マイヤー(ドイツ) 6-4, 6-3, 0-6, 6-3
・3回戦 敗退 F・ベルダスコ(スペイン) 2-6, 4-6, 3-6

<2009年>
・1回戦 敗退 J・メルツァー(オーストリア) 5-7, 2-6, 1-6

全豪オープン2014

全豪オープン2014


■関連記事■

《ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織、王者ナダル戦「クレーよりは格段にチャンスがある」「倒すために頑張りたい」<全豪オープン>》

《世界1位ナダル、錦織が待つ4回戦へ<全豪オープン>》

《錦織が同年代対決制す、3年連続ベスト16進出<全豪オープン>》

《【コラム】ナダルが認める錦織の強さと可能性》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

(2014年1月19日12時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

【告知】全豪OP 日本勢1回戦 (18時36分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

1月18日

西岡 初戦相手は「謎」 (21時14分)

フェデラー会見 2年ぶりV狙う (14時46分)

守屋宏紀 全豪OP本戦ならず (13時10分)

日比野菜緒 全豪OP本戦入り (12時45分)

大坂 初戦相手「知らない」 (12時33分)

大坂なおみ 新コーチに手応え (12時03分)

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!