- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 「世界5位の気負いはない」

錦織圭(日本)の活躍を初期から追い続け、1973年から国内外のテニスの報道に携わるジャーナリスト・塚越亘氏による全豪オープンの現地レポート。

世界ランク5位、グランドスラム大会を第5シードとして臨む全豪オープン。

初戦の相手はN・アルマグロ(スペイン)だった。
「(全豪オープンのドローの中で)この1回戦でのタフさではトップだと思う。」と言う錦織圭。
ドローが決り、練習の時から緊張感が漂っていた。


入場時の錦織圭


試合前に写真を撮る錦織とアルマグロ

そんな心配は必要ない、錦織がサービスの第1ゲームでいきなりファースト・サーブはアングルにエースを決める。
と思ったが15−40とピンチに。

3つのブレークポイントは逃れるが、4つ目のブレークポイントをアルマグロにバックのアングルウィナーを決められ、オープニングゲームを落とす。



第2ゲーム、アルマグロに216キロのサービスエースを2本決められ40-0、1ポイントは返すが0−2のスタートだ。

「最初は慎重に入った。1回戦の最初から出し切るのは難しい。」と錦織。

世界9位になった事のあるアルマグロはしぶといプレーをする。
0−2、これは大変だ!

3時間を越すドロ試合になるのでは、ひょっとしたら初戦で足元をすくわれてしまうのではと心配したが、シーズンオフをしったかりとした練習とトレーニングで過ごした錦織は2時間7分でしっかり勝利した。







まずは錦織がサービスの第3ゲーム、連続のサービスエースでキープする。

第4ゲーム、錦織は非常に落ち着いている。自分からのミスがない。
2−2とブレークバックした。

錦織の第5ゲーム、15-40のピンチをサービスからフォア逆クロスウィナー。
3−2とキープ。このゲームは大きい。

第10ゲームをブレークし、6−4で第1セットを取る。

「第1・2セットは先にブレークされて、プレッシャーをかけられたが、すぐにブレークバックして、リターンが良くなってきて、逆にプレッシャーをかけられた。」と錦織。

第2セットも先にサービスゲームを落とすが、第8ゲーム、9回のデュースに末にブレーク、5−3とする。

「第2セット、長いゲームをブレークした後に自分のゲームを落としたのが、一番反省すべきポイント。前のゲームに集中力を使いすぎた。これからは大事なゲームをしっかり取れるようにしたい。」

5−3からサーブを落とし心配させるが、しっかりとタイブレークを7-1で取った。

第3セットからは錦織に余裕が出てきた。「自分から攻めることができて、調子が出てきた。」と錦織。

「世界5位に対する気負いはそこまでない。そこまで気にしても仕方がないし、意味がない。」決して容易な相手ではなかったが、気合を入れこの難敵に勝利、無難に初戦を乗り越えた。

一回戦に勝って波に乗れるのではないだろうか。





全豪オープンの今年のサーフェスについて、「オーストラリアはコートがザラザラして球足が遅いというイメージがあったのですが、これまでに比べてすごく速くなっている。正直、遅いコートの方が好きですが、臨機応変に対応していきたいです。有明と同じぐらいで、ビックリするぐらい速くなっている。」

全豪オープンについて、「オーストラリアは日本人や外国人の方がたくさん応援してくれる。オーストラリア人は陽気で楽しい。やりやすい。サポートになっている。オーストラリアは好きなグランドスラムの1つ。」と答えた。

塚越亘…ジャーナリスト。1973年から雑誌などに寄稿。90年代には「TENNISJapan」というFAX新聞を発行し、試合結果速報や松岡修造(日本)クルム伊達公子(日本)らの直筆コメントなどを掲載した新聞を発行。テニスの報道における草分け的存在。


■関連ニュース■ 
・錦織 2回戦は世界ランク86位
・錦織「重荷を感じずに出来た」
・錦織 全豪初制覇に前進


■最新ニュース■ 
・守屋 宏紀 初本戦は勝利飾れず
・クルム伊達 最年長勝利ならず
・添田 応援が「本当に力強かった」


■最新動画■ 
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月20日21時57分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!