- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達 最年長勝利ならず

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額15,561,973ドル)は20日、女子シングルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)は予選勝者のA・タチシュビリ(グルジア)に5-7, 4-6のストレートで敗れ2年ぶり2回戦進出を逃した。

クルム伊達のサービスで始まった第1セット、第1ゲームでブレークを許しそのまま3ゲーム連取されるが、巻き返し4ゲーム連取する。

しかし第11ゲームで3度目のブレークを許し第1セットを落とす。

再びクルム伊達のサービスで始まった第2セット、クルム伊達は10分かかった最初のサービスゲームでブレークを許すと4ゲーム連取される。

ここから3ゲーム連取し1度ブレークバックに成功するが、その後ブレークすることができず1時間24分で敗れた。

第2セットに入りクルム伊達は右足付け根を押さえ、顔をしかめる表情を見せていた。

クルム伊達は44歳で大会に出場し、最年長記録を更新する。

この試合に勝利した場合は自身が記録した2013年、42歳で2回戦進出した記録を上回るところだった。

この試合の前には添田豪(日本)の試合が行われており、多くの日本人がクルム伊達の観戦していた。

両者は4度目の対戦となり、クルム伊達はタチシュビリに2勝2敗とした。

勝利したタチシュビリは2回戦で第15シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)を6-1, 6-4で破ったT・バシンスキー(スイス)と対戦する。


■関連ニュース■ 
・クルム伊達組 決勝進出ならず
・クルム伊達 「怪我をしたくない」
・奈良 全豪OPで第6シードと対戦


■最新ニュース■ 
・錦織 「目の前の試合に集中する」
・錦織「重荷を感じずに出来た」
・ジョコビッチ 大会5度目Vなるか


■最新動画■ 
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月20日18時57分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!