- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 開幕戦は第2シードで出場

4日から行われる男子テニスツアーの開幕戦であるブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)のドローが発表され、世界ランク5位の錦織圭(日本)が第2シードとして出場することとなった。

上位シード勢は1回戦免除のため、錦織は2回戦からの登場となり、2回戦でM・マトセビッチ(オーストラリア)S・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

錦織とマトセビッチは過去に5度対戦しており、対戦成績は5勝0敗と錦織が全勝している。直近の対戦は昨年9月のマレーシア・オープン準々決勝で、その時は錦織が完勝で準決勝進出を決めた。

《マレーシア・オープンの記事はこちら》

錦織とジョンソンは過去に1度対戦しており、対戦成績は1勝0敗と錦織がリードしている。初めて対戦したのは、昨年6月に行われたゲリー・ウェバー・オープン準々決勝で、その時は錦織がストレートで下してベスト4入りを果たした。

シード勢が順当に勝ち上がると錦織は、準々決勝で第8シードのJ・ベネトー(フランス)と、準決勝で第3シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する可能性がある。昨年覇者のL・ヒューイット(オーストラリア)は錦織と同じボトムハーフにおり、1回戦で同胞のS・グロス(オーストラリア)と対戦する。

今大会のシード勢は、第1シードにR・フェデラー(スイス)、第2シードに錦織、第3シードにラオニチ、第4シードにG・ディミトロフ(ブルガリア)、第5シードにK・アンダーソン(南アフリカ)、第6シードにG・シモン(フランス)、第7シードにA・ドルゴポロフ(ウクライナ)、第8シードにベネトーとなった。


■関連ニュース■ 
・錦織 「自分のテニスをするだけ」
・錦織「学ぶ気持ちを忘れずに」
・ダニエル 太郎ら 本選入りなるか


■最新ニュース■ 
・内山 靖崇 第8シードに快勝
・デル=ポトロ 開幕戦を欠場
・全米覇者欠場 全豪は未定


■最新動画■ 
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
・ベルディヒvsチリッチ【ツアー最終戦】

(2015年1月3日12時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!