- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィリアムズ姉妹侮辱 「あれは冗談」

ロシア・テニス協会会長で今週行われているクレムリン・カップの主催者であるシャミール・タルピシェフ氏は、彼がウィリアムズ姉妹へ向けたコメントが侮辱にあたるとし、WTAツアーに1年間の出入り禁止処分を受けた事に対して納得がいかないと土曜日に語っていた。

ロシアのテレビ番組に元世界ランク3位で2008年の北京オリンピック金メダリストのE・デメンティエワ(ロシア)と共に出演した際、S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹について“ウィリアムズ・ブラザーズ”と呼んだり“見ていると怖い”などとコメントした事に対する厳しい処分が、女子プロテニス協会のWTAから金曜日に下された。

女子プロテニス協会会長のステイシー・アラスターさんは「タルピシェフ氏の性別を疑問視するようなコメントは、我々の素晴らしいスポーツとこの二人の偉大なチャンピオンを汚す物です。彼の軽蔑的な発言は非難されるに値するし、罰を受けるのは当然の事です。」とする声明を出した。

タルピシェフ氏は2万5000ドル(約270万円)の罰金と、今後1年間女子ツアーへの関与を禁止する処分が下された。

クレムリン・カップの会場に訪れたタルピシェフ氏は、そのコメントについて後悔しているかと問われると、彼が出演したトークショーはいわゆるお笑い番組であり、そんな馬鹿げた質問に答えるつもりはないと不本意な結末について本音をぶつけていた。

そして下された処分については「コメントなんて出来ないさ。全く理解できないよ。」と語っていた。

後にロシア・テニス協会から発表された声明では、タルピシェフ氏は侮辱するような意図は全くなかった事であり、話の流れで言った事をその部分だけ取り上げられたとしている。

「どんなアスリートに対しても不快に思わせるような事はするつもりはなかったし、あの冗談がこんなに注目を集め、ここまでの騒動になるとは思わなかった。」とタルピシェフ氏。加えてウィリアムズ姉妹については「最高のアスリートであり、驚異的な強さと称賛すべき忍耐力の持ち主である。」と評していた。

ロシア・スポーツ省大臣のヴィタリー・ムトコ氏は、タルピシェフ氏が放ったコメントについては大変残念だとし、彼への処分は不愉快な物であり、軽減されるべきだと率直な意見を述べた。

事の発端はタルピシェフ氏がデメンティエワと共に出演したトークショーでの出来事で、司会者からデメンティエワへウィリアムズ姉妹と対戦するのはどんな物かと問われた際にタルピシェフ氏が割って入り、姉妹の事を“ウィリアムズ・ブラザーズ”と表し“目の前にすると恐怖を感じる”とのコメントをしていた。

タルピシェフ氏は男女共同開催として18年間開催されているクレムリン・カップの主催者であり、ロシアのオリンピック委員会のメンバーでもある。1990年代にはボリス・エリツィン元大統領の個人的なテニスコーチであり、テニスに関してのアドバイザーも務めていた。


■関連記事■ 
・ウィリアムズ姉妹を批判で罰金
・セリーナ ウィルス疾患から復活
・セリーナ 3連覇達成「すごく感激」
・セリーナ ラオニチの右腕に興味
・マッケンロー 「不可能ではない」


■関連動画■ 
・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニング
(2014年10月19日15時32分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月22日

添田 CH2週連続準決勝敗退 (16時01分)

ガスケ 快勝で決勝進出 (15時39分)

ティームら上位シード勢ドロー (14時39分)

チェッキナート、ペラ 決勝へ (13時30分)

ブシャール 棄権で決勝ならず (12時01分)

フォニーニ 接戦制し決勝へ (10時51分)

ヒンギス結婚 スポーツ医師と (0時16分)

7月21日

錦織 渡米、チャンとのイベント (20時22分)

コルネ、ストーサー破り4強へ (19時56分)

ペラ、チェッキナートら4強 (19時27分)

4強ジョンソン以外は100位台 (16時37分)

ジョコ 完全復活までの道のり (14時50分)

ウエア提供のヴィーナスに感謝 (10時54分)

ガスケ 19歳破り4強へ進出 (9時35分)

7月20日

大坂ら東レ WOWOWで放送 (19時42分)

シャラポワ 全米前哨戦欠場へ (17時47分)

添田 逆転で2週連続CH8強 (17時18分)

フォニーニ、ガスケが8強へ (16時23分)

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!