- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 2週連続Vの壁はラオニチ

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は5日、シングルス決勝に第4シードの錦織圭(日本)と第3シードのM・ラオニチ(カナダ)という次世代のテニス界を担う2人が優勝をかけて激突する。

両者は過去に4度対戦しており、対戦成績は3勝1敗で錦織がリードしている。

錦織とラオニチが1番最初に対戦したのは、同大会2012年の決勝だった。

その時は、7-6 (7-5), 3-6, 6-0のフルセットの末に錦織が勝利し、大会初の優勝を飾った。

その後は、今年5月のムチュア・マドリッド・オープン男子3回戦で対戦。2度のタイブレークを制した錦織が、ラオニチから2勝目をあげた。

錦織が唯一ラオニチに敗れたのは今年のウィンブルドン4回戦で、錦織が先制していたものの、芝が有効的となるラオニチのサービスは錦織を苦しめ、35本ものサービスエースを決められ逆転で敗れた。

直近の対決となった今年の全米オープン4回戦では、4-6, 7-6 (7-4), 6-7 (6-8), 7-5, 6-4という実に4時間を超える大激闘の末に錦織が勝利をものにした。

今季だけで錦織とラオニチは3度対戦しており、今回を合わせると4度目になる。

ハードコートではまだラオニチに敗れていない錦織だが、今大会でラオニチは、自身のサービスゲームを1度しか落としていないという好調さで勝ち進み、1セットも落とさず決勝進出を決めた。

錦織は、準々決勝までは1セットも落とさず全米オープン準優勝の貫録を見せつける強さで駒を進めてきたが、2回戦のD・ヤング(アメリカ)戦終了後には、 錦織の体力面を考慮し内山靖崇(日本)と組んで出場したダブルスを棄権。さらに、準々決勝では第2セットでメディカルタイムアウトを取り、痛みのある右臀部のマッサージを行う場面もあった。

1戦1戦勝ち進むにつれ、錦織の身体は連日の試合の疲れで悲鳴を上げ始め、準決勝終了後のオンコートインタビューでは最初の一声で「きついですね」と話した。

5日に行われる決勝では、サービスが武器のラオニチとリターンを得意とする錦織の対決となる。先週のマレーシア・オープンに続いて2週連続の優勝を狙う錦織は、身体になるべく負担をかけない早い段階でポイントを取っていくプレーと得意のリターンが優勝のカギとなる。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連記事■ 

・錦織「最後の力を振り絞る」
・ラオニチ 3年連続の決勝進出
・錦織 来週は第7シードで出場
・ジョコビッチ 大会3連覇に王手
・ナダルが批判「怪我につながる」


■関連動画■ 

・スウェーデンの黄金期を築いた2人のライバル関係に迫る!
・アメリカの次世代スター選手と期待されている22歳を特集!
(2014年10月4日22時49分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!