- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「最後の力を振り絞る」

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は4日、シングルス準決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク62位のB・ベッカー(ドイツ)を4-6, 6-0, 7-6 (7-2)の逆転で下し、大会2年ぶりの優勝に王手をかけた。

両者は今回が3度目の対戦で、錦織はベッカーとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。

試合後のオンコートインタビューで錦織は「きついですね。第3セットでなかなかブレークが出来ない中、ブレークバックされて最後まで勝敗が分からないところで、タイブレークでまた1ギアあげられたと思います。最後の最後でこんなに最高のプレーが出たのは本当に嬉しいです。」と振り返った。

「今週本当に良いプレーが1回戦から出来ていて、調子も上がってきているので、明日残り1つを最後の力を振り絞って頑張りたいと思います。」と意気込みを話した。

錦織は大会2年ぶり2度目の優勝をかけて、決勝で第3シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。

対戦するラオニチについては「ラオニチとは、今年2、3回も試合している仲なので、お互いやりにくいとは思いますが、全力でプレーするので応援お願いします。」と最後コメントした。

錦織とラオニチは過去に4度対戦しており、対戦成績は3勝1敗で錦織がリードしている。

直近の対戦は、先月行われた全米オープンの4回戦で、その時は錦織が4時間を超える大激闘の末に勝利をおさめた。

《全米オープンの記事はこちら》

また、今年のウィンブルドンでも対戦しており、その時はラオニチが初めて錦織に勝利した。

過去同大会で錦織は、2012年の決勝でラオニチを下して大会初の優勝を飾っており、昨年は準々決勝でN・アルマグロ(スペイン)に敗れてベスト4進出を前に姿を消した。

今回の決勝は、同大会2012年の決勝と同じ対戦カードとなる。

錦織とラオニチの決勝は、10月5日の第2試合に組まれており、14時以降に開始する予定。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連記事■ 

・錦織 逆転で2年ぶり決勝進出
・錦織「決勝、優勝と目指す」
・錦織「集中力切らさなかった」
・ラオニチ 3年連続の決勝進出
・ナダルが批判「怪我につながる」


■関連動画■ 

・スウェーデンの黄金期を築いた2人のライバル関係に迫る!
・アメリカの次世代スター選手と期待されている22歳を特集!
(2014年10月4日17時11分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!