- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

来年のデ杯はカナダと再戦

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップは18日、2015年3月6日から8日にかけて行われるワールドグループ1回戦のドローを発表し、日本はカナダと対戦することが決まった。

日本対カナダは、今年の1月末から2月にかけて行われたワールドグループ1回戦でも対戦しており、その時は日本で試合が行われたが、今回がアウェー戦となる。

また、前回はカナダのエース、M・ラオニチ(カナダ)が今年の全豪オープンで負った怪我により欠場していたが、日本が4勝1敗で初のベスト8進出を決めた。

【今年の日本vsカナダの結果は以下の通り】

大会1日目
・シングルス第1試合:錦織圭(日本) ○−× P・ポランスキー(カナダ)
・シングルス第2試合:添田豪(日本) ×−○ F・ダンチェビッチ(カナダ)

大会2日目
・ダブルス第1試合:錦織圭/ 内山靖崇(日本) ○−× D・ネスター(カナダ)/ F・ダンチェビッチ

大会3日目
・シングルス第1試合:錦織圭 ○−× F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:添田豪 ○−× P・ポランスキー

4月に行われた準々決勝では、日本のエース錦織が怪我のために欠場。錦織に代わってダニエル太郎(日本)が日本代表に初選出された。

大会2連覇のチェコ共和国と対戦し、健闘するも全敗で初のベスト4進出とはならなかった。

現在錦織の活躍の他に、今年の全米オープンで予選を勝ち抜き、グランドスラム本戦初出場を果たした18歳の西岡良仁(日本)や、4月のデビスカップで日本のテニスファンにその名を知らしめた21歳のダニエル太郎も、今年の全米オープンにグランドスラムの本戦に初出場するなど、着実と実力やランキング上げてきている。

まだ来年の日本代表は決まっていないが、次のデビスカップはどんなメンバーで挑むのか気になるところ。


■関連記事■ 

・フェデラー 4年ぶり地元開催
・来日予定のツォンガが勝利
・第7シード 苦戦強いられる
・最終戦ランク 錦織変わらず
・錦織「少し夢に近づいた」


■関連動画■ 

・フェデラーが優勝を懸けたポイントで”チャレンジ” その行方は!?
・トップ選手が行っている体幹トレーニングを大公開!
(2014年9月19日13時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!