- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 最終戦出場は射程圏内

今年の11月9日から開幕する男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)。この大会は、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場でき、ATPツアーの最後を飾る。

9月8日付で発表された今季の大会獲得ポイントランキング上位8名は以下の通り。

■1位…N・ジョコビッチ(セルビア)(8,150)

■2位…R・フェデラー(スイス)(6,880)

■3位…R・ナダル(スペイン)(6,645)

■4位…S・ワウリンカ(スイス)(4,725)

■5位…M・チリッチ(クロアチア)(3,935)

■6位…錦織圭(日本)(3,675)

■7位…D・フェレール(スペイン)(3,535)

■8位…T・ベルディヒ(チェコ共和国)(3,510)

また、10位までは以下の通り。

■9位…M・ラオニチ(カナダ)(3,425)

■10位…G・ディミトロフ(ブルガリア)(3,335)

となっている。

先日まで行われていた全米オープンの結果で大幅にランクに変動が見られた。

準決勝でチリッチに敗れるもベスト4入りを果たしたフェデラーが、怪我で欠場のナダルを抜いて2位に浮上した。

今回、グランドスラム初の優勝を飾ったチリッチが、前回から8つ上げて5位となり、準優勝の錦織は前回から4つ上げて6位に浮上、日本人初の最終戦出場が射程圏内となった。

チリッチと錦織の活躍により、ラオニチ、ディミトロフがランクを落とし、現段階では最終戦出場枠から外れた。

また、過去に5度最終戦に出場しているマレーが、11位と現段階では最終戦出場枠から外れている。

日本人初の最終戦出場に期待がかかる錦織は、この後行われる楽天ジャパンオープン、10月の上海マスターズ、BNPパリバ・マスターズ等の結果が、最終戦に出場出来るかを左右する。


■関連記事■ 
・錦織の賞金総額は約5億
・錦織「たくさんの事を得られた」
・錦織 トップ5逃すも自己最高位
・チリッチ「努力が実を結んだ」
・錦織の活躍に修造は涙



■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月10日11時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!