- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チリッチ「努力が実を結んだ」

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は8日、男子シングルス決勝が行われ、第14シードのM・チリッチ(クロアチア)が第10シードの錦織圭(日本)を6-3, 6-3, 6-3のストレートで下し、グランドスラム初のタイトルを獲得した。

試合前にチリッチは「ロジャーとの試合とずいぶん違う試合となると思います。彼も最高のテニスをしてくるでしょう。固くならないでプレーをしたいです。」と話していたが、決勝もストレートで勝利し、T・ベルディヒ(チェコ共和国)との準々決勝、R・フェデラー(スイス)との準決勝もストレートで勝利と、3試合連続ストレート勝ちという好調ぶりで頂点に立った。

試合後のインタビューでチリッチは「これはハードワークの成果だと思います。昨年は上手くいきませんでした。そしてゴラン(イバニセビッチ)を含めて僕のチームが本当に多くのものをもたらしてくれました。その成果だと思います。」

「とても重要な事はテニスを楽しむ事です。それをゴランが教えてくれました。そしてベストなテニスを楽しむことが出来ました。最高のテニスが出来ました。」と今大会を振り返った。

そして「何が起きるかわからないので最初のセットは自分もナーバスでした。自分が調子に乗ってくるまで時間がかかりましたし、ブレークポイントを取れたので、それが良かったと思います。私の努力が実を結びました。他の選手たちも頑張ったに違いありません。頑張ればこのように優勝できるという事を示すことが出来たと思います。」とコメントした。

チリッチは優勝した事により、2010年の2月に記録した自己最高位9位に返り咲く事が決まっている。

チリッチは今大会、1回戦でM・バグダティス(キプロス)、2回戦はI・マルチェンコ(ウクライナ)、3回戦は第18シードのK・アンダーソン(南アフリカ)、4回戦は第26シードのG・シモン(フランス)、準々決勝では第6シードのT・ベルディヒを破った。

準決勝では、同大会5度の優勝を誇る元王者フェデラーをストレートで破り、好調のまま今回決勝で錦織に完勝して優勝のトロフィーを手にした。

25歳のチリッチは、2013年5月のドイツでの大会中に受けた検査で、禁止されている興奮剤の反応が出てしまい、国際テニス連盟から9ヶ月の出場停止処分を下されたが、薬局で購入したブドウ糖のタブレットにその興奮剤が入っていただけで、故意に摂取したのではないと反ドーピング機構に訴え、4ヶ月へと処分が軽減された。

そのため、昨年の同大会は出場することが出来なかった。今回は昨年の悔しい思いを晴らし、見事優勝を飾った。

過去のグランドスラムでは、2010年の全豪オープン準決勝でA・マレー(英国)に敗れるもベスト4進出を果たしており、今季行われたグランドスラムでは、全豪オープン2回戦で、全仏オープンは3回戦で、ウィンブルドンは準々決勝で敗れた。

強烈なサービスとストロークが武器のチリッチ。198センチの長身から繰り出されるサービスは、決勝でもエースだけでゲームを取る圧倒的な強さを披露した。さらに錦織の深いストロークに対しても屈することなく高い打点で攻め、錦織を苦しめた。

一方、敗れた錦織は、チリッチに日本勢史上初となる四大大会優勝を阻まれる結果となった。また、錦織が優勝していた場合、アジア勢最高位となる5位に浮上していたが、それは持ち越しとなった。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連記事■ 
・初V逃した錦織「申し訳ない」
・ジョコビッチ 錦織を称賛
・錦織 トップ5逃すも自己最高位
・錦織 日本人初GS優勝ならず
・チリッチ「ちょっとした変化」


■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月9日10時56分)

その他のニュース

8月8日

フェデラー39歳に GS20度制覇 (18時56分)

引退よぎった試合「もう終わり」 (18時18分)

ツアー再開へ思い「待ち遠しい」 (17時26分)

【コストカット!お好きなロゴを印刷】低単価、高品質のグリップテープ (14時31分)

スイトリナらも全米OP欠場へ (13時51分)

全米OP 国枝、上地ら出場決定 (11時55分)

3時間の激闘 ジョルジが4強へ (10時07分)

8月7日

「ティアフォーの油断」に再注目 (18時36分)

序盤苦戦も マルティッチ8強 (16時00分)

デルポの北米での活躍を特集 (13時43分)

「集中できた」快勝で8強入り (11時41分)

マレーら 全米OP出場が決定 (10時29分)

8月6日

全米はジョコ有利? ATPが掲載 (18時41分)

19歳新鋭8強へ「とても興奮」 (16時46分)

35歳シモン 今は「事情が異なる」 (15時00分)

テニスの王子様が高3大会とコラボ (13時06分)

「良いプレーできた」再開戦8強へ (11時15分)

全米OP 賞金総額は約56億円に (10時24分)

8月5日

大坂なおみ 全米OP出場へ (18時16分)

フェデラー 米雑誌の表紙飾る (17時00分)

全国選抜の中止「苦渋の結論」 (16時04分)

杉田祐一やガスケが予選出場 (15時04分)

城田優が全国高3大会を応援 (13時37分)

ツアー再開の初戦は白星 (12時25分)

錦織 全米OPにエントリー (11時00分)

ナダル 全米OP欠場を発表 (8時44分)

マドリッドOP 中止を発表 (1時06分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!