- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界1位セリーナが2連覇、元女王エナン以来の快挙達成<WTAチャンピオンシップ>

女子テニスツアー最終戦であるWTAチャンピオンシップ(トルコ/イスタンブール、ハード)は27日、シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が第4シードのN・リー(中国)を2-6, 6-3, 6-0の逆転で下し、今季11度目のタイトルを獲得すると同時に、元女王J・エナン(ベルギー)以来となる大会2連覇を達成した。エナンは2006・2007年に連覇していた。

決勝戦、第1セットでセリーナはリーのサービスゲームで1度もブレークチャンスを握る事が出来ず、このセットをゲームカウント2−6で落としてしまう。その後、サービスの調子が落ちたリーの隙をつき、第2セットで2度、第3セットで3度のブレークに成功し、2時間9分で勝利した。

今回の対戦で、セリーナはリーとの対戦成績を10勝1敗とした。

セリーナは今季好調で、全仏オープン・全米オープンを含む11大会で優勝を飾った。

一方、敗れた31歳のリーは、大会初の決勝進出を果たした時点で、大会後に発表される世界ランキングではアジア勢史上最高位の3位へ浮上する事が確定していた。


■関連記事■

《女王セリーナ、エナン以来の連覇へ前進<WTAチャンピオンシップ>》

《31歳リーがアジア勢史上最高位へ、さらに初の決勝進出<WTAチャンピオンシップ>》

《31歳セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>》

《連覇狙う女王セリーナが意気込み<WTAチャンピオンシップ>》

《リーに批判「私は普通の人間」》


■関連動画■

《元女王ヒンギスが約6年ぶりにダブルスで復帰!WTA女子ツアーマガジン Vol.8》

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年10月28日10時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!