- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界1位セリーナ連覇逃す、連勝は34でストップ<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、女子シングルス4回戦が行われ、第1シードで前年度覇者のS・ウィリアムズ(アメリカ)は第23シードのS・リシキ(ドイツ)に2-6, 6-1, 4-6で敗れる波乱に見舞われた。今回の敗戦で連勝記録が34でストップした世界ランク1位のセリーナは、これまでのグランドスラムで通算16度の優勝を飾っており、今年のウィンブルドンでは大会6度目の優勝と2連覇を狙っていた。

この試合、セリーナはリシキに10本のサービスエースと35本のウィナーを決められた。さらに、自身のサービスゲームでは5度のブレークをリシキに許し、2時間4分でセリーナは敗れた。

キャリア通算52のタイトルを獲得している31歳のセリーナは、ウィンブルドンで2002・2003・2009・2010・2012に優勝を飾っていたが、大会連覇の夢は途絶えた。

34連勝していたセリーナが最後に敗れたのは、今年2月のカタール・オープン決勝で、その時はV・アザレンカ(ベラルーシ)に敗れた。また、その後のドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権ではM・バルトリ(フランス)戦を前に棄権していた。

今年のウィンブルドンでセリーナは、1回戦でM・ミネッラ(ルクセンブルグ)、2回戦でC・ガルシア(フランス)、3回戦では42歳のクルム伊達公子(日本)にそれぞれストレートで下し、リシキとの4回戦へ駒を進めた。

昨年の全仏オープンでセリーナは、グランドスラムを通してキャリア初の初戦敗退を喫した。その後、ウィンブルドンでは決勝でA・ラドワンスカ(ポーランド)を破り、大会5度目の優勝を飾って勢いに乗ると、ロンドンオリンピックで単複金メダル獲得、さらに全米オープンでも優勝するなど数々のビッグトーナメントでタイトルを獲得。

そして、今年は全豪オープンで準々決勝敗退に終わるも、全仏オープンで2002年以来11年ぶり2度目の優勝を飾ると同時にグランドスラムでは通算16度目のタイトルを獲得した。

一方、大金星をあげた世界ランク24位のリシキは準々決勝で、地元期待の19歳L・ロブソン(英国)に勝利したK・カネピ(エストニア)と対戦する。

リシキはウィンブルドンで好成績を収めており、2009・2012年にベスト8進出、さらに2011年にはベスト4へ駒を進めている。

また、今年のウィンブルドンは上位シード勢が早期敗退する波乱が続出しており、第2シードのアザレンカは右膝の怪我により2回戦を前に棄権、第3シードのM・シャラポワ(ロシア)は2回戦でストレートで敗れた。また、第5シードのS・エラーニ(イタリア)と第10シードのM・キリレンコ(ロシア)は初戦敗退、第7シードのA・ケルバー(ドイツ)と第9シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)は2回戦で姿を消している。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

《セリーナ伊達選手、東レPPOテニス2013にエントリー!詳しくはこちらから》


■関連記事■

《クルム伊達「やっぱりセリーナは強かった!」<ウィンブルドン>》

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》

《31歳セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>》

《シャラポワが予選勝者の世界131位に敗れる、4年ぶり3度目<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》
(2013年7月2日0時30分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!