- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達「やっぱりセリーナは強かった!」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、女子シングルス3回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)は第1シードで前年度チャンピオンのS・ウィリアムズ(アメリカ)に2-6, 0-6のストレートで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。試合を終えたクルム伊達は、自身の公式ブログでセリーナ戦を振り返った。

「やっぱり第1シードのセリーナは強かった!」と、クルム伊達は世界ランク1位セリーナの強さを痛感した。

この試合、クルム伊達はセリーナに28本のウィナーを決められ、自身のサービスゲームでは6度のブレークを許した。しかし、クルム伊達は凡ミスを9本に抑える安定したテニスを展開するも、ウィンブルドンで過去5度の優勝を誇るセリーナのパワーテニスには通用しなかった。

42歳クルム伊達と31歳セリーナ、11歳の年の差対決は1時間1分で幕を閉じたが、クルム伊達は今年のウィンブルドンで確かな手応えを感じていた。

「でも、その中でも自分の可能性をまったく感じなかったわけじゃない。スコアも競ったわけじゃないし、時間も長かったわけじゃないけど、私にとってはたくさんのことを感じた内容だった。」

「セリーナのサーブとリターンはずば抜けてよかったけど、そこをくぐり抜けてラリー戦へ持っていければ可能性は見えてくることが多かった。勝てるチャンスを作り出すテニスに徹したつもり。」

しかし、クルム伊達は「完全燃焼は出来なかった。でもやるべき事はやった。もっとできたという想いもないわけじゃないけど、やらせてもらえなかったのもある。それがトップの強さ。」と、悔しさをにじませた。

また、クルム伊達はセリーナ戦を試合前に「やりたくない。」と話していたが、試合後にはこのように話した。

「今までは1番対戦したくないプレイヤーだったけど、試合後にはもう1度ハードコートで対戦してみたいと感じた。セリーナのサーブはまったくコースが読めなかった。精度もいいし、確率もいいし、コースもいいから、そうとう難しかった。でもハードコートならコースをもう少し潰せる気がする。」

現役復帰後、ウィンブルドンで初の3回戦進出を果たした42歳のクルム伊達は、1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。クルム伊達のウィンブルドン自己最高記録は1996年のベスト4進出で、その時は準決勝でS・グラフ(ドイツ)にフルセットで敗れている。

クルム伊達はシングルスで3回戦敗退、A・パーラ=サントンハ(スペイン)とのダブルスでは初戦敗退となったが、D・マレーロ(スペイン)とのミックスダブルスが残っている。33歳のマレーロはダブルスを中心にツアーを回っており、F・ベルダスコ(スペイン)らとペアを組んで活躍している。

第14シードのクルム伊達/ マレーロ組は、1回戦でH・ワトソン(英国)/ J・マレイ(英国)組と対戦する。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

《クルム伊達選手、東レPPOテニス2013にエントリー!詳しくはこちらから》


■関連記事■

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》

《クルム伊達、女王セリーナ戦「やりたくはない」<WOWOWインタビュー>》

《最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>》

《快勝のセリーナ、次戦はクルム伊達「危険な選手」<ウィンブルドン>》

《錦織は悔しさにじませる「物足りない」、初の16強逃す<ウィンブルドン>》

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

(2013年6月30日19時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!