- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「苦しかった」添田豪がみせた世界9位との戦い<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は27日、男子シングルス2回戦が行われ、予選からから勝ち上がった添田豪(日本)は第9シードのR・ガスケ(フランス)に0-6, 3-6, 7-6 (7-5), 3-6で敗れ、グランドスラムで自身初となる3回戦進出とはならなかった。

この試合、第1・2セットを連続で落とし後がなくなった添田豪は、第3セットのタイブレークで最後サービスエースを決めて、セットカウント1−2とする。しかし、第4セットでは世界ランク9位の力を発揮したガスケに押され、2時間28分で2回戦敗退となった。

試合後、添田豪は「1セット目から3セット目のようなプレーをしていかないと相手に余裕を与えてしまうので、今後は出だしからいいプレーをしていきたい。」と、コメント。

敗れはしたものの、世界ランク129位の添田豪は同9位のガスケに対し34本のウィナーを決めた。さらに、ガスケのサービスゲームを6度のブレークチャンスから4度ブレークするなど、最後までトップ10のガスケを苦しめた。

昨年のウィンブルドンでI・クニツィン(ロシア)をストレートで破り、グランドスラムのシングルスで初勝利を飾った添田豪は、同年の7月に自己最高ランクとなる47位を記録する活躍をみせた。

しかし、今年に入り2回戦進出を果たした全豪オープン以降不調が続いた添田豪は、コーチであり、元テニス選手であるD・サングイネッティ(イタリア)と話し合い、ラケットの重さを変更するなど試行錯誤を繰り返した。

そして、ウィンブルドンで予選3試合を1セットも落とさずに勝ち抜いた添田豪は、4年連続の本戦出場を決め、1回戦でA・ハイデル=マウアー(オーストリア)にストレートで勝利した。この勝利はウィンブルドンで2年連続の初戦突破と同時に、グランドスラムでのシングルスでキャリア3度目の勝利となった。

「悔しさと、力を出し切った安堵感の両方があります。苦しかった分、また復活出来る手応えを感じましたし、希望が見えたというのは収穫の多い大会だったと思います。」

その他の日本勢では、第12シードの錦織圭(日本)が2年連続の3回戦進出を決めた。さらに、42歳のクルム伊達公子(日本)がウィンブルドンで1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。

添田豪に勝利したガスケは、3回戦で20歳のB・トミック(オーストラリア)と対戦する。今大会でトミックは、1回戦で第21シードのS・クエリー(アメリカ)をフルセットの末に下し勢いに乗ると、2回戦では元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)をストレートで下し、3回戦進出を決めている。

【添田豪 ウィンブルドン戦歴】

<2013年>
・予選1回戦 勝利 N・メクティク 6-2, 6-0
・予選2回戦 勝利 D・ウドムチョク(タイ) 6-3, 6-2
・予選3回戦 勝利 B・パシャンスキ(セルビア) 6-2, 6-2, 6-4
・1回戦 勝利 A・ハイデル=マウアー 7-6 (8-6), 7-5, 6-1
・2回戦 敗退 R・ガスケ 0-6, 3-6, 7-6 (7-5), 3-6

<2012年>
・1回戦 勝利 I・クニツィン 6-3, 6-2, 6-1
・2回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 2-6, 3-6, 6-1, 4-6

<2011年>
・予選1回戦 勝利 L・コック 6-4, 6-4
・予選2回戦 勝利 M・フクソヴィックス 6-4, 6-3
・予選3回戦 敗退 L・ラコ(スロバキア) 4-6, 6-4, 2-6, 4-6
・1回戦 敗退 JW・ツォンガ(フランス) 3-6, 6-7 (4-7), 2-6
※ラッキールーザーで本戦入り

<2010年>
・予選1回戦 勝利 I・セルバンテス 6-3, 7-5
・予選2回戦 勝利 A・シドレンコ(フランス) 6-2, 6-3
・予選3回戦 敗退 J・ウィッテン 2-6, 2-6, 6-2, 4-6
・1回戦 敗退 M・フィッシャー(オーストリア) 4-6, 3-6, 1-6
※ラッキールーザーで本戦入り

<2009年>
・予選1回戦 勝利 L・クボット(ポーランド) 6-4, 3-6, 11-9
・予選2回戦 敗退 M・ヤニ(アメリカ) 2-6, 6-7 (5-7)

<2008年>
・予選1回戦 勝利 F・アルディ 6-4, 6-4
・予選2回戦 敗退 M・プルジシーズニー(ポーランド) 6-4, 4-6, 8-10

<2007年>
・予選1回戦 勝利 J・ワード(英国) 5-7, 6-0, 6-3
・予選2回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 6-7 (2-7), 6-2, 6-3
・予選3回戦 敗退 B・ウリフラフ(チェコ共和国) 7-5, 4-6, 6-1, 2-6, 2-6

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>》

《錦織に続いた添田「シナリオ通り」、第9シードとの対戦へ<ウィンブルドン>》

《錦織、自己最高16強への壁は「弱点がない」世界28位<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>》

《フェデラーから金星飾ったスタコフスキ「人生で最高のプレー」<ウィンブルドン>》

《28歳の添田豪、4度目の本戦出場へ<ウィンブルドン>》
(2013年6月28日11時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!