- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがナダルとの頂上決戦、今季初の決勝へ<BNLイタリア国際男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー)は土曜日に準決勝を行い、第2シードのR・フェデラー(スイス)がノーシードから勝ち上がってきたB・パイユを7-6 (7-5), 6-4のストレートで下し、今季初となる決勝戦へ駒を進めると同時に、決勝でR・ナダル(スペイン)との通算30度目の対戦を決めた。

31歳のフェデラーは、今大会で2003年と2006年に準優勝しているものの優勝はなく、決勝戦では初優勝を狙う。

フェデラーとナダルの今季の対戦は、今回で2度目となる。3月のBNPパリバ・オープン男子では準々決勝で対戦し、その時はナダルがストレート勝ちを収めている。

両者の対戦はこれまで29度あり、ナダルが19勝10敗でリードしている。クレーでの対戦は今回で15度目となり、これまでの14度の対戦ではナダルが12勝2敗とフェデラーを大きく引き離している。

両者は7年前の今大会決勝戦で激突、ファイナルセットまでもつれ込んだこの戦いは、第5セットのタイブレークを制したナダルが5時間5分の試合を制して優勝を飾った。

また、先週行われたムチュア・マドリッド・オープン男子で、フェデラーは錦織圭(日本)に敗れ、3回戦で姿を消していた。

フェデラーに敗れた世界ランク36位のパイユは、3回戦で同7位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)らを下し、マスターズ1000大会初の4強入りを果たすも、惜しくも決勝進出はならなかった。決勝に進んでいれば、2008年のS・ワウリンカ(スイス)以来となるノーシード選手による決勝進出を果たすところだった。

この日行われた試合結果は以下の通り。

○R・ナダル(5) vs. ●T・ベルディフ(チェコ共和国)(6), 6-2, 6-4
○R・フェデラー(2) vs. ●B・パイユ, 7-6, 6-4

《BNLイタリア国際 男女ドロー表》


■関連記事■

《ナダルがフェデラーを圧倒◇BNPパリバ・オープン男子》

《錦織「いつまでも彼が僕の目標」、フェデラー戦振り返る》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《世界6位ベルディフが王者撃破「信じていた」<BNLイタリア国際男子>》

《錦織圭らシード勢の早期敗退が相次ぐ<BNLイタリア国際男子>》

《落胆の世界1位ジョコビッチ、勝者称える「素晴らしい」<BNLイタリア国際男子>》

《錦織はノーシードからチャンスつかめず<BNLイタリア国際男子>》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加、さらにずぶ濡れに!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

《錦織がナダルらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(2013年5月19日11時30分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!