- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPオムニバス編
オムニバス編

Vol.1 大人なショットを身につけよう 上巻

前回までは、脱・中級を目標に「柱のショット」(シングルス編上巻下巻ダブルス編上巻下巻)について解説しましたが、あまり攻撃的な内容がなくて、物足りなかった人も多いはず。そこで今回は、もう少し攻撃側にシフトして、無理をしなくても決められる、あるいはパワーに頼らなくても高い効果を上げられる技術、題して「大人なショット」を特集します。

総論 大人のテニスとは?

「快感より結果」を求めるのが大人のやり方

あなたの身近に、こんな人はいないだろうか? 見た目には派手さがないのに、対戦するとかなり強い人、強力なショットは持っていないのに、いつも絶妙なコースに決めてくる人。ようするに、プレイを見て「大人だなあ」と感じるような人たちだ。

そういう人と、自分のテニスを比べてみよう。おそらくフォームの豪快さやボールのスピードに大きな差はないはずだ。つまり彼らは、自分の持っている技術や体力の限界を理解しながらも、それを最大限に生かすテニスをしようとしているのだ。そうした考え方こそ、まさに「大人っぽい」。

またテニスに対して、快感よりも結果を求めるのが、大人のやり方だ。一発きれいに決まったときの快感よりも、トータルで狙い通りのゲームができて、最終的に勝利を得られたときの快感を求めるのだ。

コートを横にうまく使おう

もちろん、粘るだけが大人のテニスではない。攻撃も当然あるが、縦のスピードで攻めるのではなく、横の変化でコートの広さを使って攻めるテニスと言えるだろう。

また、すべてにおいて「大人な」テニスを目指す必要はない。全部が渋いショットになったら、やはり面白くないという人も多いだろうし、一発の快感を求める部分を残しても良い。

ただ、「大人なショット」を取り入れることが、脱・中級の早道であることは間違いない。だから、自分が得意なショットは生かしつつ、それを補う意味で大人なショットを練習していこう。そうして自分の中でうまくメリハリをつけていけば良いのだ。

たまにすごいエースが取れるが、エラーのほうが圧倒的に多く、結局試合が終わってみたら完敗。あるいは強く打ってもコースが甘いので、簡単に逆襲されてしまうといったテニスは、けっして大人っぽいとは言えない。

「さりげなく決めるボレー&スマッシュ @」 >>

(テニスジャーナル 2005年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

オムニバス編一覧






テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!