- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPダブルス編
ダブルス編

Vol.4 プレイの柱となるショットを作ろう ダブルス編 下巻

相手の足下に沈めるリターン
@まずは正しいスウィングを身につける

次の柱のショットは、ネットに出てきた相手の「足下に沈めるリターン」。シングルスよりも勝負が早いダブルスでは、リターンの成否が大きなカギを握るだけに、できるだけ高いレベルに上げておきたい部分だ。

目標としては、サーブがフォアに来てもバックに来ても、コンスタントに足下に沈められることで、さらに多少速いサーブを打たれても、無意識に反応できるようになりたい。

特別なことをするのではなく自分の技術を尊重しよう

ただし、だからといってリターンだけ特別な打ち方をするのは良くない。普段のショットがフラット系なのに、急に強いスピンをかけて落とそうとしたら、自分本来の技術を崩してしまいかねないからだ。

それよりも、自分の技術を尊重し、打てるショットの中でどうするかを考えたほうが良い。そのためには、まずは自分のボールの軌道を把握することが大切だ。

足下に沈めるリターンを成功させるには、ボールの軌道を頭の中にイメージしながら打つことが大切だ。またそのとき、ネット上の的を直線的に狙う感覚ではなく、縦のカーブを描く軌道そのものを頭に描くようにしたい。そのための第一歩は、自分なりのリターンの軌道を把握することで、そのイメージが現実に近づくほど、リターンの精度も高くなってくるはずだ。

サービスリターンは高い打点で打てるので、フラットやスライスでも十分に相手の足下に沈めることができる。だから、無理にトップスピンを多くかけるよりも、自分の持っている技術を生かしたほうが精度の高い安定したリターンを打ちやすいのだ。部分的に少し変えるぐらいはOKだが、リターンだからといって普段とまったく違う打ち方をするのは賢明ではない。

M.サフィンのフォアハンド・リターン
フォアのリターンでは、テイクバックは身体の横にセットして終わりぐらいの意識で十分だ。また2のように面を横に向けるイメージを持つと、高い位置に引きやすくなる。そして打球後は、7のようにインパクトの形をしっかりと保つようにしたい。無理にトップスピンを多くするよりも、手首を固めておいたほうが、リターンは安定しやすいのだ。
R.フェデラーのバックハンド・スライスリターン
バックのスライスでは、面を相手に向けたまま高めにテイクバックし、その形で引けるところまで引くのが第一のポイントだ。そしてインパクトでは、ボールを強くブロックする感覚を持ちたい。そのとき身体のほうは(インパクトの瞬間に)逆方向に回すぐらいのつもりで良い。またボールに押さえが効かないときは、身体を前傾させるようにしよう。

「相手の足下に沈めるリターン Aリターンは「習うより慣れろ」」 >>

(テニスジャーナル 2005年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ダブルス編一覧




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!