"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPダブルス編
ダブルス編

Vol.4 プレイの柱となるショットを作ろう ダブルス編 下巻

ミスの少ないスマッシュ
Aジャンピング・スマッシュを徐々にレベルアップ

中途半端なスウィングはしない

スマッシュは全力で打たなくても十分に決まるが、中途半端なスウィングをすると意外にミスしやすいので、思い切って振り抜くか、確実につなぐか、どちらかはっきりしたほうが成功する確率は高くなる。その意味では、判断ミスを少なくするということも大切だ。

また、そこでハイボレーなどでつなぐという判断をしたら、中途半端な攻撃は考えないで、深く返すことだけを意識したほうが良い。

つなぐと決めたら無理をしない

その他、スウィングなどの細かいポイントについては、サーブ特集なども参考になるので、過去の特集を参照してほしい。ただ、いずれにしてもスマッシュでは、威力よりもコースが大事なので、練習の中では、狙い通りにコースを打ち分けられるようになることを目指していこう。

むずかしいロブに対してボレーでつなぐ場合は、深く返すことがいちばん大事なので、打ち下ろす感覚は必要ない。また直線的なボールを打とうとするとミスしやすいので、水平な(あるいは少し下から上の)スウィングで運ぶように打ちたい。ボールが速くないほうがリカバーする時間も作りやすいので、多少山なりのボールでもOKだ。

ジャンピング・スマッシュをマスターするには、まずステップを覚えることから始めたい。そのためにはシャドースウィング(つまりステップまで含めた素振り)が効果的で、2〜3歩後ろに下がってから右足で踏み切り(右利きの場合)、素振りしながら空中で左右の足を入れ替えて左足で着地する(下のコレッジャの連続写真参照)という動きを繰り返し、足の運びやリズムを身体で覚えていこう。

次に実際にボールを打つ練習としては、スマッシュ対ロブのラリーがお勧めだ。最初は、お互いに決めることよりも長く続けることを意識し、ロブの球質はフラットやスライスで良いし、スマッシュ側は相手にコントロール良く返すことを意識しよう。そして10往復以上続けることを目標に、丁寧に長く続ける中で高いボールに慣れていき、いつも正確にとらえる技術を磨いていきたい。やや地味な練習だが、ダブルスのパートナー同士でやるにはちょうど良いので、日常的に数多く取り入れていこう。

練習2が長く続けられるようになってきたら、次はラリーの中で高いロブや深いロブなどをいろいろ混ぜてもらうようにする。とくに高さに関しては思いきり高いロブも取り入れていきたい。また、ロブが深くて打ち切れないときは無理せず「つなぐ」ということも練習していこう。そして次の段階では、3球つないだ後は、決められるボールは決めにいって良いというルールに変更してみよう。このとき、ロブ側は簡単に決められないように厳しいロブを上げ、スマッシュ側は強く打つことよりも角度で決めることを意識したい。

最後は、半面でストローク対ボレー勝負をする練習だ。球出しはストローク側が行ない、1本目のボレーは深く返して、そこから勝負。幅が狭くてパスはなかなか抜けないので、ストローク側は足下に沈めるボールやロブで勝負し、ネット側はスマッシュやドロップボレーで決めるというパターンになり、ロブの練習にもスマッシュの練習にもなる。そして次の段階では、2対2で同じようにボレー対ストロークの勝負という形に発展させていこう。

P.ラフターの踏みこみながらのフォアハンド・ハイボレー
これはロブをつなごうとした場面ではないが(プロではそうすることは少ない)、つなぎのボレーのスウィングとしては良い見本となる。ポイントは、ボレーの基本と同じく、腕・ラケットを一体にして大きな半径のスウィングをしていることで、ボールを叩きつけるのではなく、水平に近いスウィングでしっかりと運んでいる点もよく見習いたい。
A.コレッジャの当てただけのスマッシュ(倍速デジタル撮影)
ロブが深すぎて打ち切れないときは、このようにインパクトでラケットを止めるように打つと、無理なくアウトやネットのミスを減らすことができる。また、ミスを減らすコツはその他にもあって、ボールが深いときは逆クロス(押さえが効く)、浅いときはクロス(ネットに叩きつけにくい)を狙うと、よくありがちなミスを減らすことができる。
<< 前ページ

「多目的に使えるロブ 技術よりも判断力が大事」 >>

(テニスジャーナル 2005年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ダブルス編一覧

オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!