- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPダブルス編
ダブルス編

Vol.3 プレイの柱となるショットを作ろう ダブルス編 上巻

ダブルスでは“安定”だけでは“柱”にならない

試合の大事な場面でも自信を持って打てるショットや、困ったときに支えになるショットをあなたは持っているでしょうか?「脱・中級」を果たすには、そうした自分の「柱」になるショットを作ることが大切です。そのためにはどうすれば良いのか、シングルス編に続いて、今回はダブルス編をお贈りします。

誰もが認める上級者になるには、技術的に一通りのショットが打てるようになるだけでは足りない。それらを十分に試合に生かせなければ意味がないからだ。つまり、練習でたまに良いボールが打てても、試合ではミスのほうが多いというのでは、上級者の技術とは言えないわけだ。

今回の特集では、そうした意味で自分の「柱のショット」について解説している(今回はダブルス編)。

習熟の段階を大切にしよう

プレイをしている最中に、技術的なコツを掴む瞬間というのは誰にもあるが、それだけで柱のショットになるわけではない。試合の中でプレッシャーがかかっても確実に打てるようになるには、技術を「習得」するだけでなく、さらにそれを「習熟」していかなければいけないからだ。

今回も、技術的な解説の後には、かならず習熟のための練習法を紹介しているので、そちらも高い意識を持って取り組んでほしい。

ダブルスでは仕上げのショットも必修科目

ダブルスの場合、シングルスと違って、アマチュアレベルでも守るだけでなく攻めなければ勝つことはできない。したがって、スマッシュなどの「攻撃を仕上げるショット」も、柱として欠かせないものとなる。また、サーブとリターンの重要性も非常に高くなるので、その点も意識して練習のやり方を工夫してほしい。

「確実につなげるボレー @まずは正しいスウィングを身につける」 >>

(テニスジャーナル 2005年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ダブルス編一覧




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!