"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPダブルス編
ダブルス編

Vol.3 プレイの柱となるショットを作ろう ダブルス編 上巻

ネットに出やすいサーブ
ファーストボレーを特別なボレーにしない

サーブ自体は回転系で安定していればOK

次の柱は、「ネットに出やすいサーブ」だ。サーブ&ボレーする機会が多くなるダブルスでは、これも欠かせない技術のひとつとなるが、とくに強いサーブでなくてもネットに出られるので、威力は重要ではない。

またサーブ自体については、シングルス編で解説したサーブを身につけることが大切で、ある程度回転がかかって安定していれば、それで十分だ。

ネットに速く出るには前傾姿勢が大切

次に大事になるのが、ネットに出るプロセスの部分-つまりネットダッシュからスプリットステップ、ファーストボレーまで過程だ。意外に見落とされがちだが、アマチュアには、ここに問題がある人が非常に多い。とくにスプリットステップが遅すぎるというケースが非常に多いので、まずは3歩のパターン(下図)を身につけ、自分なりのリズムを掴んでいこう。それさえできれば、あとは先に解説したロングボレーができれば、セカンドでも前に出られるようになる場合も多い。

上の左右の写真を見比べてほしい。右がサーブ&ボレーした例で、左はステイバックした例だが、1歩目の左足が大きくコート内に入っているのは、ステイバックしているほうだ。普通は、大きく踏みこんだほうがネットに出やすいと考えがちだが、それは正反対。サンプラスは1歩目を小さくすることで、深い前傾姿勢を作っており、それによってスムーズに前に出やすくしているのだ。逆に左足を大きく前に出すと、それがつっかえ棒になって前に出にくくなってしまうのだ。

上図はネットダッシュ時のステップを示したものだが、最初はサーブ後の着地足(通常は左足)も含めて3歩目でスプリットステップを行うことから始めよう。これだと実質的には2歩しか動いていないことになるが、それで大きく不利になることはない。とりあえず、これでファーストボレーがどの位置でできるのか確認し、余裕がかなりあるようなら、4歩のパターンに変えても良い。いずれにしても、「早すぎるスプリットは問題ないが、遅すぎは絶対にダメ」ということは忘れないでほしい。

練習:1 シャドー・サーブ&ボレー
ネットダッシュの練習としては、まずボレーを打たないシャドー・サーブ&ボレーをやってみよう。サーブの素振りから、上のスプリットステップ図のように3歩でスプリットステップして、相手のリターンをイメージしながらファーストボレーまで行う(できればリターンの素振りをしてもらうと良い)。こうして、まずは動きの流れやリズムをつかんでおくことが大切だ。

練習:2 リターンを球出しで
次は、練習1のパターンから球出しでリターンのボールを出してもらい、実際にファーストボレーしてみよう。その次は実際にサーブを打ち(リターンはしないで)球出しのリターンからボレーする。このとき球出しボールは徐々に厳しくしていくのが良い。そして最後は、実際にリターンしてもらい、その後はクロスの半面で勝負。このように段階的に練習を進めながら、自分なりのサーブからファーストボレーまでの流れやリズムを固めていこう。

P.サンプラスの3歩目でスプリットしたサーブ&ボレー
このようにサーブ&ボレーを武器とするサンプラスでも、スプリットステップは3歩目で行なっている。だから、アマチュアで3歩のパターンが不利だということはないはずだ。実際、ここでもスプリットの後で2歩前に詰めており、ボレーしている場所はほぼサービスライン上なので、ファーストボレーの位置としてもまったく不足はない。
<< 前ページ

トップに戻る >>

(テニスジャーナル 2005年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ダブルス編一覧

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!