- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPオムニバス編
オムニバス編

Vol.7 トッププロの最新技術 ここを盗め! ストローク編 上巻

「今のトッププロって、こんな打ち方しているけど、これってありなの?」、あるいは「こんなフォーム、コーチに習ったのとは違うけど大丈夫?」と感じた経験のある人は、かなり多いのではないでしょうか。今回の技術特集では、そうした疑問にひとつひとつ丁寧にお答えしながら、彼らの最新技術の盗み方を伝授します。

総論 21世紀の新常識に挑戦しよう

プロにしかできない特殊な技術だけではない

前回のフォアハンド特集を読んでいただいた方はよくおわかりだと思うが、現代のトッププロたちは、過去の常識やテニススクールで教えられた基本とは大きく異なる 常識外れ の打ち方をしていることが多い。

もちろん、それは高い身体能力と技術を持つプロ選手だからこそできるという面もあるが、中には、一般のアマチュア・プレイヤーが真似をしてもレベルアップにつながる側面がある。とくにテイクバックに関する項目などは、ショットの安定性にも大きく貢献するはずだ。

ただし、自分でそれらを取り入れようとする場合、自分にとって本当に有益かどうか(逆にマイナスにならないかどうか)を、よく考えてからチャレンジしてほしい。

バックハンドでも非常識が盛りだくさん

前回の特集では、フォアハンドの話ばかりになったが(それだけフォアの進化が大きいということ)、バックハンドでも同じように常識外れな要素はたくさんある。なぜなら、今はバックでもつなぐだけでなく積極的に攻撃していくことが、プロの世界では常識になっておりハードヒットするための技術が大きく進化しているからだ。そのため今回は、片手打ち、両手打ち、スライスを含めてバックハンド中心に話を進めていこう。

フォアハンド 肩より高い打点からの強打

肩より上から叩けるの?

今のトッププロたちは、肩よりも高い(あるいは顔よりも高い)打点から平気でハードヒットする。普通そこまで打点が高くなるとうまく力が入らず、中ロブで返すか、ボールを落として(後ろに下がって)打つことが多かった。だが、今の選手はスピン量を抑えて攻撃的に叩くことができる。なぜ、それが可能なのか。

現代的な横振りのスウィングが前提

これができるようになるには、フォアハンド編で解説した、身体の回転を大きく使う現代的な横振り系のスウィングをマスターしていることが大前提となる。横振りでなければ、高い打点で鋭いスウィングをすることができないからだ。そして、肩よりも上で打つには、さらに下のイラストのようなスウィングが必要になる。

逆に昔からの基本に忠実に、下から上に振り抜こうとすると、スピンの量を減らすことはできないし、力も入りにくいのだ(イラスト×)。

ただし、身につければ大きな武器になることは間違いないが、ベースができていない人は安易に真似するべきではないだろう。

現代的な横振り系のスウィングの応用として、このように通常とは逆側に傾いた平面でスウィングすることによって、肩よりも高い打点から押さえの効いた攻撃的なショットを打つことができる。イメージとしては打点が頂点になって、あとは上から押さえこむような感覚だ。ただし、フラット系の強打なので面の向きはかなりシビアになる。面をしっかりと保ったまま振り抜くことが重要なポイントだ。

このように高く上に振り抜くのは、昔からの基本から言えば正しいことだが、肩より上の打点から叩こうとする場合には適していない。なぜなら、力強く振り抜くことができず、ボールにパワーを伝えられないからだ。つまり、このスウィングでは、スピンの多い中ロブ気味のボールしか打てないのだ。

M.アンチッチの肩より高い打点からの強打
現代的な高い打点からの強打の典型的な例。上のイラストのように、打点のところでラケットがもっとも高くなり、それ以降は押さえこむように前方に大きく振り抜き、身体の脇の低い位置にフィニッシュしている。また、これは浅いボールを強打した場面だが、アマチュアの場合も、初めはこのように前から打つときだけ使うようにしよう。
D.ハンチュコバの肩より高い打点からの強打
男性に比べて非力な女子選手でも、横振りスウィングのベースがしっかりとできていれば、このように頭の高さから強打することができる。スウィングの軌道は上のアンチッチの例とほとんど同じだが、高いところで大きく力強く振り抜くには、これしかないという言い方もできる。もちろんテイクバックも、通常よりは高くする必要がある。

「片手打ちバックハンド 大きく振り抜く片手バック @」 >>

(テニスジャーナル 2005年7月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

オムニバス編一覧




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!