"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPオムニバス編
オムニバス編

Vol.1 大人なショットを身につけよう 上巻

ハーフボレーのドロップショット

やってみると意外にやさしい

ハーフボレーでドロップショットを打つ。この言葉だけ聞くと、相当高度なショットを想像するだろうが、じつはコツさえつかめれば、そんなにむずかしくはない。

思ったよりも浅く止まる

その理由は、当てるだけで十分なアンダースピンが自動的にかかることにある(下図参照)。そのため、適度な高さでネットを越えれば、かなり浅く止まってくれる。つまりプレイヤーは、高さと強さ(面の角度と当たりの強さ)だけを意識して打てば良いわけだ。またコースとしては、最初は逆クロスに打つほうが楽だ。

ハーフボレーで返さなければならないようなボールは、トップスピンがかかっている場合が多いが、それが地面にバウンドすると、摩擦によって回転量が多くなる。そして同様に、ラケットに当たって跳ね返るときも回転が増すが、そのボールは逆にアンダースピンとなっている。つまり、何もしないで当てるだけでも、 2段階で相当量のアンダースピンが自動的にかかるわけだ。

予想されにくいショットでもある

ハーフボレーでドロップショットするというのは、相手もあまり予想していないことだし、足下に沈める良いショットを打ったのに、予想外の逆襲をくらうということでダメージも大きい。だから、相手が浅く落とすのを予想して走ってくるようになるまでやり続けてOKだ。

練習法としては、プレイの柱になるショットを作ろう ダブルス編上巻で紹介したハーフボレーのミニラリーなどから始めると良いだろう。とにかく本番でいきなりやろうとしても無理なので、しっかり練習を積んで(練習試合でも積極的にトライして)、自分の中に選択肢としてつねに持っておくようにしたい。

このショットでは、このように体勢が崩れた感じになりやすいので、当たり損ねのミスショットが偶然うまく入っただけだと相手が勘違いすることがある。それは、こちらにとってはラッキーなことで、狙って打っていることに気づかれるまで、相手の油断を利用して(ラッキーショットのふりをして)打ち続けるというのも、ある意味で大人っぽいと言える。

ハーフボレーでドロップショットを打つときに、もっともありがちな悪い例は、よけいな小手先の操作をしてしまうことだ。たとえば上のように、アンダースピンをかけようとしてラケットをえぐるような操作をしたり、逆にボールが浮かないように面をかぶせてしまったりするケースが多い。このショットでは正確にボールをとらえることが何よりも大切なので、ムダな手首の操作は禁物なのだ。

A.クレマンの浅く落としたフォアのハーフボレー
打点の位置に早めにラケットをセットして、ほとんど振らずに当てるだけで打ったハーフボレー。その結果として、ネットを越えたボールはすぐに浅く落ちて、効果的なドロップショットとなっている。技術的には、手で合わせるのではなく、身体で合わせることが大切(腕はセットするだけ)で、あとはネットを越えるだけの力加減を、練習の中で感覚的につかめばOKだ。
N.ラペンティの浅く落としたバックのハーフボレー
バックの場合も、技術的にはフォアとほとんど変わらない。この例でも、手は何もせずに面や力加減を調整することに集中し(非常に正確にボールをとらえている点に注目)、あとは身体でリズムを合わせるという意識がよく表われている。また、中途半端にボールを弾ませると失敗しやすいので、「ポポン」という速いリズムで打ったほうが良い。
<< 前ページ

「身体を使わないサーブ」 >>

(テニスジャーナル 2005年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

オムニバス編一覧

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!