"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPオムニバス編
オムニバス編

Vol.1 大人なショットを身につけよう 上巻

身体を使わないサーブ

見た目より速いというサーブを目指そう

身体を使っていないわりに伸びのあるボールが行くのが理想

大人なサーブという意味で、提案したいのは、「あまり頑張っているようには見えないのに、意外にボールに伸びがあって、しかも安定している」というサーブだ。もちろん、ダブルフォールトはめったにしない(これが多いと大人っぽくない)。

そんなサーブを身につけるには、身体を使いすぎずに、腕をうまく使って効率の良いスウィングをすることが大切になる。理想は、下のシュティヒのような感じだ。こんなサーブなら、身体に無理がかからないのでコントロールも良く、たまにエースが取れることもあるだろう。

理想的なスウィングは、やはり基本通りの薄いグリップでなければできないが、それが身についていない人は、まずは「ふとん叩き」の練習から始めよう。やり方は、下のようにベランダに干したふとんを叩くイメージで、ネットなどを叩くだけだ(本当にふとんを叩いても良い)。そこで、薄いグリップでも強く叩けるという感覚がつかめたら、次の練習1に進もう。

足し算の発想を捨てよう

このサーブを練習するうえで大切になるのは、足し算の発想を捨てるということ。膝は深く曲げる、身体も反らす、ひねりも大きく、と何でも足し算していくと、結局バランスが崩れてサーブがおかしくなってしまうことが多い。1+1が2にならず、
場合によっては0.5になってしまうことさえあるのだ。

だから、まずは一度引き算をして、腕を正しくしっかりと振れるようになることに集中してみよう。つまり、手打ちでもそこそこ鋭いスウィングができるというのが目標だ。

ここでは、そのための練習法をいくつか紹介するが、細かい技術的なポイントについては、過去のサーブ特集も参考にしてほしい。

すでに薄いグリップが身についている人は、ボールを真下に叩きつける練習から始めよう。スウィングの感覚は上のふとん叩きと同じだが、フォロースルーはイラストのように身体の右側に振り抜くことを意識しよう。そして、できるだけボールを高く弾ませることを目指し、スパーンと良い当たりで打てるようになってきたら、練習2に進もう。

第2段階では、ボールを叩きつける位置を少しずつ前方に伸ばしていきたい。このとき、打点の位置には十分に注意し(イラスト下参照)、うまく面を返せなくなってきたら、原点に戻って近くに叩きつけることからやり直すのが賢明だ。身体の向きは、初めは前向きに構え、ひねれる分だけ上体をひねって打つようにしよう。そして、この延長で通常のポジションからでも叩きつける感覚で打てるようになれば、スウィングの質はかなり高まっているはずだ。

上の練習2で徐々にボールを前に飛ばしていくとき、打点のとり方には注意が必要だ。ここで打点をあまり変えないまま打球の方向だけを変えようとすると、手首をうまく返せなくなり、叩きつける感覚を失ってしまったり、グリップが厚くなってしまったりしやすいのだ。イラストのように、打点を高くすると同時に後ろにしていかないと、叩きつける感覚を保てないわけだ。

M.シュティヒのリラックスしたフラットサーブ
シュティヒのサーブは、ここで解説する「身体を使わないサーブ」の理想形と言える(これはシニアでプレーしたときの写真)。全体的に非常にリラックスしていて、半分ぐらいの力で打っているように見えるが、ボールのスピードはかなり速い。それは、スウィング全体の効率が抜群に良いからで、コントロールも安定感も十分に備わっている。
<< 前ページ

トップに戻る >>

(テニスジャーナル 2005年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

オムニバス編一覧

オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!