国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「相手のレベル違った」

錦織圭
勝利した錦織圭
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は25日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク439位の錦織圭が同63位のJ・トンプソン(オーストラリア)を7-6 (7-5), 7-6 (7-5)のストレートで破り初戦突破を果たし、約1年9ヵ月ぶりのツアー復帰戦を白星で飾った。試合後、錦織はWOWOWのインタビューに応じ喜びを語るとともに「相手のレベルが違った」とも述べた。

>>【動画】錦織 ツアー復帰戦、勝利の瞬間両手を突き上げる<<

>>錦織 ツアー復帰大会2回戦 1ポイント速報<<

>>錦織、西岡らアトランタOPの組合せ<<

33歳の錦織は、先月のカリビアン・オープン(プエルトリコ/パルマスデルマル、ハード、ATPチャレンジャー)で約1年8ヵ月ぶりに復帰し優勝した後、チャレンジャー2大会に出場した。

今大会は、プロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)を使用して世界ランク48位として出場。2021年10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以来となるツアー大会復帰となる。

初戦の相手は世界ランク63位のトンプソン。錦織にとって復帰後初の世界ランク100位以内の選手との対戦となった。

ツアー復帰戦の第1セット、錦織は第2ゲームでブレークポイントを3本握るもこれを逃す。第6ゲームではネットプレーを決めるなどし再び2度のブレークポイントが錦織に訪れるも、トンプソンにサービスでしのがれる。しかし、錦織も自身のサービスゲームを着実にキープしていき、このセットはタイブレークに突入する。

タイブレークでは両者1度ずつのミニブレークで迎えた6ポイント目で、錦織が強烈なフォアハンドを打ち込み2度目のミニブレークに成功。7ポイント目でもさらにミニブレークを果たした錦織は、このリードを守り切り第1セットを1時間9分で獲得する。

続く第2セット、錦織は第4・第8ゲームで計3度のブレークポイントをトンプソンに与えるも攻撃的なプレーでこのピンチをしのぐ。一方のトンプソンも第11ゲームでブレークポイントをしのぎ、このセットもタイブレークにもつれ込む。

迎えたこの試合2度目のタイブレーク。錦織は先にミニブレークを許したものの、4ポイント目でパッシングショットを決め追いつく。その後再びリードを許した錦織だったが8ポイント目でトンプソンがダブルフォルトを犯しイーブンに。最後は先にマッチポイントを握った錦織がこれをものにし、2時間25分の熱戦を制し初戦突破を果たすとともに、復帰後初めて世界ランク100位以内の選手から白星を挙げた。

試合後のWOWOWのインタビューで錦織は「嬉しいですね」と率直に喜びを述べた。

また、これまで出場したチャレンジャー大会との違いについては「1ゲーム目から相手のレベルが違うというのをいきなり感じて、しぶとくやらないとだめだなと。集中力もすごく高くやらないといけないなと1ゲーム目で感じて、それ(集中力)をキープできました」と語った。

勝利した錦織は2回戦で第6シードのB・シェルトン(アメリカ)と予選勝者で世界ランク156位のシャン・ジュンチェン(中国)のどちらかと対戦する。

[PR]錦織 圭 ツアー復帰戦 7/24~「男子テニスATPツアー250 アトランタ」、7/31~「ATP500 ワシントンD.C.」をWOWOWで放送・ライブ配信・アーカイブ配信

■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・錦織、アルカラスら若手と対戦熱望
・芸術ロブに相手立ち上がれず
・あの試合から2年でウィンブルドン優勝に驚き

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年7月26日3時42分)

その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!