国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モヤ語る 16年前のローマ制覇

カルロス・モヤ
2004年BNLイタリア国際を制したモヤ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトスペイン語版は17日に元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)のインタビューを掲載した。2004年に優勝したBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)について語っている。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

キャリア通算20度の優勝を誇るモヤは現在44歳。1998年に全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)とモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、 ATP1000)を制覇すると翌年には世界ランク1位を獲得した。その後2002年にはW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)を含む4つの大会で優勝を果たした。

今回、モヤは2004年のBNLイタリア国際での1週間を回想。モヤにとって同大会の優勝は通算17個目のトロフィーであり、「ATPマスターズ1000」3度目の制覇となった。

「ローマではそれまであまりうまくいかなかったんだ。何故かはわからないけどね。大会は好きだし、そこでのプレーも本当に好きだったんだけど結果だけ出ていなかった。モンテカルロ、バルセロナ、パリとクレーコートで行われる大会の中で最も成功していないトーナメントだった」

「他のクレーではうまくいっていたのになんでだろうね?シンシナティでも同じことが起きたんだ。それはハードだったけど、それまで勝てなかったのに突然優勝できた」

当時27歳のモヤは1回戦でA・マルティン(スペイン)をストレートで下すと、2回戦ではI・リュビチッチ(クロアチア)、3回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)を撃破し8強入りを果たした。

「カルロビッチはいつもタフだった。ハードコートでは勝てていたんだけど、拮抗していた。彼は僕にとっては居心地の悪い選手だったね。でもその年は少しずつうまくいき始めていたんだ。大会に出るときは、優勝することを考えてはいなかったんだ。最初の数日を乗り越えることを思っていたし、準々決勝から『自分の試合』を見つけられるように、自身の気持ちを確認していた」

その後、準々決勝でA・パベル(ルーマニア)、準決勝でM・サバレタ(アルゼンチン)を下して決勝に進出し、D・ナルバンディアン(アルゼンチン)と顔を合わせた。

「ナルバンディアンは僕の友人の1人で、当時からそうだったんだ。ダビッド(ナルバンディアン)もまた僕と同じで時々気が散る選手だった。彼は決勝の舞台になると最高のプレーをするから、当たるなら序盤が良かったんだけど、僕も段々ペースに慣れてきて良いテニスができたんだ」

最後にモヤは、現役時代に通算3度獲得した「ATPマスターズ1000」というタイトルについて語った。

「このタイトルは本当に切望されているトロフィーだ。フェデラーやジョコビッチ、ナダルにとっては貴重なものの1つだと思うが、他の選手にとっては違うかもしれない。何もタイトルを持っていない人たちにとっては、文字通り『最高のもの』だよ」

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭大坂なおみ
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)


■詳細・放送スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・17年前のマドリッド制覇を回想
・ナダル コーチのモヤは帯同せず
・モヤ 錦織ら数年で優勝と予想

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月18日12時32分)

その他のニュース

5月24日

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!