- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ラケット破壊「腹立ってた」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス4回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)は第16シードのM・ラオニッチ(カナダ)に1-6, 1-6, 6-7 (5-7)のストレートで敗れ、大会初のベスト8進出とはならなかった。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

昨年のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)を制した21歳のズベレフは、この日、第2セットの第5ゲームでブレークを許すとベンチへ戻った際に怒りが爆発。ラケットを地面に9回叩きつけた。

第3セットはタイブレークへ持ち込んだがラオニッチの勢いを止めることができず、1時間59分で力尽きた。

試合後の会見では「悪いプレーだった。特に最初の2セットは本当に酷かった。サービスもよくなかった。ベースラインからのショットもよくなかった。彼(ラオニッチ)のようなレベルの高い選手相手から挽回するのは難しい」と振り返った。

ラケットを破壊したことについては「あれで少し気分はよくなった。とても腹が立っていたから、その怒りを発散した」と当時の心境を述べた。

またズベレフは、オフシーズンに満足のいく休養をとれていなかったと明かした。

「長いオフシーズンを送れなかったのは事実。たくさんの休養をとれなかった。でも、これが僕らテニス選手。去年のシーズンの終わり方には満足している」

一方、2年ぶり4度目のベスト8進出を果たしたラオニッチは、準々決勝で第28シードのL・プイユ(フランス)と対戦する。プイユは4回戦で第11シードのB・チョリッチ(クロアチア)を下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


■関連ニュース

・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「かわいそうに思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年1月22日10時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!