- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王、準V大坂を称賛

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、室内ハード、プレミア)は23日、シングルス決勝が行われ、第4シードのKa・プリスコバ(チェコ)が第3シードの大坂なおみを6-4, 6-4のストレートで破り、大会初優勝を果たした。試合後の会見では、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾るなどの活躍を見せる大坂について「素晴らしいサーブを放ち、力強さを見せていた」と称賛した。

>>大坂ら武漢OP対戦表<<

元世界ランク1位のプリスコバは初戦の2回戦から3試合連続のフルセットマッチを制して決勝へ駒を進めていた。

決勝の相手は、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)準々決勝で苦杯を喫した大坂だった。

プリスコバは序盤から強烈なサービスとストロークを武器に大坂からミスを誘い出して主導権を握った。試合を通して1度もブレークポイントを与えず、1時間3分でタイトルを獲得した。

「サービスゲームをキープできたことが鍵だったと思う」とプリスコバは勝因を述べた。

続けて「彼女の方がパワーはあるから、我慢強くチャンスが来るのを待っていた。また、彼女(大坂)は少し疲れているように感じた」と決勝の印象を語った。

今後、プリスコバは武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)に第8シードで出場。第7シードの大坂は初戦の2回戦で、S・ストーサー(オーストラリア)ザン・シュアイ(中国)の勝者と対戦する。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!
錦織圭出場の「モゼール・オープン」も連日配信中!

【放送予定】
9月17日(月・祝)〜9月23日(日・祝)[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・大坂に完敗 元世界4位は脱帽
・セリーナ 大坂なおみに太鼓判
・「理解できない」とセリーナ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月23日15時44分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!