- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドン 男子歴代優勝者

6月27日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)。1877年から始まった最も歴史ある大会で、過去に有終の美を飾った選手を振り返る。

ウィンブルドンの男子シングルスではW・レンショー(英国)、P・サンプラス(アメリカ)R・フェデラー(スイス)の7度が歴代の最多優勝回数。

フェデラーは2003年から2007年で5連覇を達成しており、これは歴代の連続優勝回数で2位。1位はレンショーの6連覇となっている。

近年では2013年にA・マレー(英国)がフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝、2014・2015年はN・ジョコビッチ(セルビア)が連覇している。


【過去30年の歴代シングルス優勝者】

2015年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2014年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・フェデラー

2013年
優勝:A・マレー
準優勝:N・ジョコビッチ

2012年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・マレー

2011年
優勝:N・ジョコビッチ
準優勝:R・ナダル(スペイン)

2010年
優勝:R・ナダル
準優勝:T・ベルディヒ(チェコ共和国)

2009年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック(アメリカ)

2008年
優勝:R・ナダル
準優勝:R・フェデラー

2007年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2006年
優勝:R・フェデラー
準優勝:R・ナダル

2005年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2004年
優勝:R・フェデラー
準優勝:A・ロディック

2003年
優勝:R・フェデラー
準優勝:M・フィリプーシス(オーストラリア)

2002年
優勝:L・ヒューイット(オーストラリア)
準優勝:D・ナルバンディアン(アルゼンチン)

2001年
優勝:G・イバニセビッチ(クロアチア)
準優勝:P・ラフター(オーストラリア)

2000年
優勝:P・サンプラス
準優勝:P・ラフター

1999年
優勝:P・サンプラス
準優勝:A・アガシ(アメリカ)

1998年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1997年
優勝:P・サンプラス
準優勝:C・ピオリーヌ(フランス)

1996年
優勝:R・クライチェック(オランダ)
準優勝:M・ワシントン(アメリカ)

1995年
優勝:P・サンプラス
準優勝:Bo・ベッカー(ドイツ)

1994年
優勝:P・サンプラス
準優勝:G・イバニセビッチ

1993年
優勝:P・サンプラス
準優勝:J・クーリア(アメリカ)

1992年
優勝:A・アガシ
準優勝:G・イバニセビッチ

1991年
優勝:M・シュティヒ(ドイツ)
準優勝:Bo・ベッカー

1990年
優勝:S・エドバーグ(スウェーデン)
準優勝:Bo・ベッカー

1989年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:S・エドバーグ

1988年
優勝:S・エドバーグ
準優勝:Bo・ベッカー

1987年
優勝:P・キャッシュ(オーストラリア)
準優勝:I・レンドル(アメリカ)

1986年
優勝:Bo・ベッカー
準優勝:I・レンドル







■関連ニュース■ 

・ジョコvsフェデラー 優勝は?
・フェデラー圧巻 最多Vへ前進
・錦織4位 22歳ティエムが迫る
(2016年6月17日19時52分)

その他のニュース

3月28日

YouTube 全仏!?でテニスを体験 (18時55分)

「完全にコーチを信頼する」 (18時38分)

元複1位キャバル 基金調達へ (17時40分)

大坂「命を救うことが大切」 (17時38分)

元女王らが自国援助に奮闘 (13時36分)

ジョコ 医療機関へ100万ユーロ寄付 (10時24分)

3月27日

マレー WB延期可能性に言及 (18時16分)

若手選手をATPが特集 (17時02分)

ATP公式が一問一答を掲載 (15時37分)

経済的に苦しむ人々救済へ (13時15分)

【ソリンコ】[考察]「5角形ポリエステル、ソリンコのコンフィデンシャルとハイパーGを比べてみました。」 (12時58分)

ナダルら13億円の支援呼びかけ (11時19分)

引退発表で「つらい決断」 (10時22分)

3月26日

元複3位キングの支援に注目 (18時31分)

リオ五輪金プイグ「いい機会」 (17時42分)

ジョコ 五輪延期「正しい決定」 (15時06分)

アンダーソン「まだ野心ある」 (12時59分)

フェデラー 1億円を寄付 (11時56分)

ウィンブルドン「開催可能性低い」 (10時28分)

3月25日

ティーム「まずは安全が第一」 (18時33分)

ジョコ、ポイント獲得率1位に (17時46分)

東京五輪延期は「適切な決定」 (16時47分)

11連勝は「信じられない」 (15時55分)

ATP会長「先が見えない」 (14時35分)

20歳新星 コロナ陽性と報告 (12時56分)

プリンス グラファイトが復活 (12時33分)

錦織 五輪延期「少し安心」 (10時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!