- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織とジョコがトップハーフ

31日から開幕するテニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)の対戦表が27日に発表され、四大大会初優勝を狙う第4シードの錦織圭(日本)と第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)がトップハーフ(対戦表の上半分)となった。

>>全米オープン対戦表<<

錦織は初戦で世界ランク41位のB・ペール(フランス)と対戦する。両者は今回が通算3度目の対戦で、錦織は過去ペールに2連勝している。

トップハーフの下半分に位置する錦織。上位シード勢が勝ち進んだ場合、3回戦で第26シードのT・ロブレド(スペイン)、4回戦で第16シードのG・モンフィス(フランス)か第19シードのJW・ツォンガ(フランス)、準々決勝で第7シードのD・フェレール(スペイン)か第9シードで昨年覇者のM・チリッチ(クロアチア)、準決勝ではジョコビッチと対戦する可能性の組合せ。

錦織とジョコビッチは昨年の全米オープン準決勝で対戦し、その時は錦織が勝利して四大大会初の決勝進出。決勝ではチリッチに敗れたが、日本人初となるグランドスラム準優勝の快挙を成し遂げた。

一方、2011年以来4年ぶりの全米オープン優勝を目論む王者ジョコビッチは、1回戦でJ・ソウザ(ブラジル)と対戦する。上位シード勢が勝ち進むと、準々決勝では第8シードで2010・2013年の全米チャンピオンであるR・ナダル(スペイン)との組合せとなっている。また、4回戦では今大会前哨戦のシンシナティ・マスターズで苦戦を強いられた第14シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する可能性もある。

ジョコビッチとナダルは今年の全仏オープン準々決勝で対戦し、その時はジョコビッチがストレートで勝利し、ナダルの全仏10度目の優勝と6連覇を阻止した。

また、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのA・マレー(英国)、第5シードのS・ワウリンカ(スイス)はボトムハーフ(対戦表の下半分)に入った。

中でも注目は2012年の全米チャンピオンのマレーとN・キリオス(オーストラリア)の1回戦。

20歳のキリオスは昨年のウィンブルドンでナダルを破り、今年のマドリッド・マスターズではフェデラーに勝利する金星をあげた。しかし、今大会前哨戦のモントリオール・マスターズではワウリンカと対戦した際に侮辱する発言などで、ATP大会への出場禁止と罰金の処分が下されている。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ 錦織を称賛
・イズナー 錦織を「世界トップ」
・スタン侮辱のキリ 罰金と出場停止
(2015年8月28日17時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!