国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭ら4選手がWCで出場へ

錦織、ランドリュース、ウォズニアッキ、ハレプ
ランドリュース、錦織、ウォズニアッキ、ハレプ
画像提供: ゲッティイメージズ
24日に開幕するムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は3日に公式サイトを更新し、男子では世界ランク353位の錦織圭と同317位のM・ランドリュース(スペイン)、女子では同126位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)と同1143位のS・ハレプ(ルーマニア)へのワイルドカード(主催者推薦)付与を発表した。

>>ティームvsガスケ 1ポイント速報<<

34歳の錦織は今季、前週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)への出場。初戦敗退となったものの約8ヵ月ぶりの復帰を飾り、コート上で躍動する姿をファンに見せた。

今後は15日に開幕するバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)に参戦予定であり、マドリッド・オープン出場となれば2週連続でツアー大会を戦うこととなる。

なお、錦織は2021年以来3年ぶり10度目の出場であり、最高成績は2014年の準優勝。当時はM・ラオニッチ(カナダ)F・ロペス(スペイン)D・フェレール(スペイン)らを下し決勝に進出したものの、最後はR・ナダル(スペイン)との熱戦のさなかファイナルセットで途中棄権となった。

男子2人目は18歳のランドリュース。今季は2月のITF大会で優勝すると前週のマイアミ・オープンでは1回戦でJ・ムナル(スペイン)をフルセットで下しツアー大会初白星を飾った。マドリッド・オープンに出場するのは2年連続であり、昨年もワイルドカードを受け取っている。

女子では元世界ランク1位の2選手がワイルドカードを獲得。33歳のウォズニアッキが出場するのは2019年以来5年ぶり11度目であり、最高成績は初出場となった2009年の準優勝となっている。

一方、32歳のハレプは2022年以来2年ぶり12度目の本戦出場。同選手はマドリッドのクレーコートで好成績を残しており、2014年に初めて準優勝すると2016年・2017年に2連覇。その後は2019年に2度目の準優勝を果たしている。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・錦織 マドリッドOP出場が決定
・錦織クレーで練習中、次戦はバルセロナ
・錦織圭「楽しんでます」引退は否定

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月4日18時55分)

その他のニュース

6月25日

内山靖崇「父親になって初勝利」 (8時57分)

島袋将 ウィンブルドン予選初戦突破 (7時44分)

【告知】錦織圭vsナヴォーネ (6時55分)

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!