国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ATP 今季引退の4選手を特集

男子プロテニス協会のATP公式サイトは13日、2020年シーズンをもって現役を引退した選手を特集。M・ブライアン(アメリカ)B・ブライアン(アメリカ)によるブライアン兄弟のコメントなどが紹介された。

>>【中川 直樹】ラケバ公開、錦織 圭とフォームが似てる? インタビュー後編<<

>>【中川 直樹】錦織 圭と西岡 良仁からの刺激が全日本優勝の要因、インタビュー前編<<

ATPはこの日、8月に引退したブライアン兄弟と10月に引退した元世界ランク28位のS・ヒラルド(コロンビア)、そして1月に引退となったS・ダルシス(ベルギー)を紹介。キャリアの活躍とともに引退時のコメントが掲載された。

【マイク・ブライアン、ボブ・ブライアン】
双子のダブルスペアであるマイクとボブのブライアン兄弟はともにツアーレベルでダブルス1,108試合に勝利。アメリカでのテニス文化の形成やダブルスの人気向上に大きく貢献した。ペアを組み、これまで四大大会、マスターズ1000、オリンピック、最終戦ATPファイナルズなどを制覇してきた。また、通算10度の年間最終世界ランク1位を獲得している。

引退を発表したときボブは「僕らが最も誇りに思っているのは、試合に本当に専念し、毎日全力を尽くしたこと。互いへのリスペクトは決して揺らぐことないまま、後悔することなくプロテニス界を去ることができる。選手同士の競争や仲間意識がなくなるのは寂しい。大きな試合に向けて準備をし、ファンの唸り声を聞きながらプレーする興奮ももう味わえないんだ」と語った。

一方のマイクは「去るべき時が来たと感じている。僕らは20年以上もツアーに貢献してきたし、今は僕らの人生の次の章を楽しみにしているよ」と話している。

【サンティアゴ・ヒラルド】
ツアータイトル獲得はなかったものの、チャレンジャー大会では10個のトロフィーを手にしたヒラルドは、16年間のプロ人生を戦い引退を決断した。2014年にはバルセロナ・オープン(スペイン/バルセロナ、クレー、ATP500)で決勝に進出。錦織圭に敗れたものの準優勝を飾り、キャリア最高の世界ランク28位を記録した。

ヒラルドは引退に際し「15歳から始まり、もうすぐ33歳になる今、感謝の気持ちを伝えて、この旅を完全に終える選択をした。僕は出来る限りのことをして、自分の持っているものを全て出した。好奇心旺盛で、ユニークで、探検家で、反抗的だった少年はわずか12歳で家を出て、ラケットと夢だけを背負って、今日ここまできた。自分の選択にはなにも後悔はないよ」とコメントを残している。

【スティーブ・ダルシス】
身長175cmと小柄なダルシスは17年間のキャリアで2度のツアーで優勝。四大大会では全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦に駒を進めたが、最も印象的な活躍は2013年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)1回戦のR・ナダル(スペイン)戦となった。この試合、ダルシスはナダルをストレートで下す番狂わせを演じ世界に衝撃を与えている。

ダルシスは引退を決めたことについて「2019年にけがから戻ってくることができた。しかし、ウィンブルドンの後、肩に問題が起きてしまった。肉体的にも精神的にも僕はもう最高の状態ではない。たくさんの素晴らしいキャリアの一瞬一瞬が、永遠に僕とともにいてくれるだろう」と語った。

[PR]「錦織 圭・大坂 なおみ 2020 ~復活への想い、戴冠への軌跡、そして東京へ~」
12/29(火)夜10:00

「国枝 慎吾・上地 結衣 2020 ~グランドスラム優勝への道のり、そして東京へ~」
12/29(火)夜11:00


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ダルシスが引退計画を発表
・引退否定もツアー離脱を決断
・ブライアン兄弟、引退を発表

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年12月14日12時30分)

その他のニュース

4月17日

錦織圭ら全仏OP出場予定選手一覧 (0時55分)

大坂なおみら全仏OP出場予定選手 (0時42分)

4月16日

シュワルツマン 今季初白星挙げれず (22時05分)

西岡良仁 バルセロナOP初戦敗退 (21時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsムナル (20時00分)

ダニエル太郎 ストレート勝ちで2回戦へ (19時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsオコネル (19時25分)

驚異のバウンド 相手頭上超えるエース (19時23分)

ポール回し成功!相手呆然 (18時07分)

大坂のクレー&芝参戦「GS優勝目指す表れ」 (17時30分)

大きく腫れ上がった足首公開 (17時13分)

世界1位在位99週、歴代単独9位に (16時31分)

勝利目前で負傷、先月ジョコ撃破20歳 (16時04分)

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【動画】ポール回し成功!スーパープレーに拍手喝采 (0時00分)

【動画&画像】カゾーが負傷した実際のシーンとカゾーの腫れ上がった足首 (0時00分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!