- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ズベレフとジョコ 最終戦の共通点

アレクサンダー・ズベレフ、ノヴァーク・ジョコビッチ
(左から)ズベレフとジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、シングルス決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 6-3のストレートで破り初優勝を果たした。

21歳のズベレフは2年連続2回目の出場で、悲願のタイトルを獲得。試合後の記者会見では「これまでのテニス人生で最大のタイトル。このトロフィーは全ての選手にとって大きな意味がある」とも語っている。

一方、31歳のジョコビッチは2015年以来3年ぶり6度目の優勝を目指していた。ジョコビッチが最終戦のタイトルを初めて獲得したのが2008年で当時21歳。2007年に初出場を果たしていたため、2年連続2度目の挑戦だった。

当時世界ランク3位だったジョコビッチは予選ラウンドロビンでJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)N・ダビデンコ(ロシア)を破り準決勝に進出。G・シモン(フランス)を下し決勝へ進むと、再びダビデンコに勝利し、優勝を果たした。

21歳のときに最終戦で初優勝したジョコビッチを、10年後、21歳のズベレフが破り初優勝を決めるという巡り合わせ。また、両者の対戦成績は2勝2敗となっている。

男子テニス最終戦過去20年の優勝者と準優勝者

1998年
優勝 A・コレッジャ(スペイン) 準優勝 C・モヤ(スペイン)

1999年
優勝 P・サンプラス(アメリカ) 準優勝 A・アガシ(アメリカ)

2000年
優勝 G・クエルテン(ブラジル) 準優勝 A・アガシ

2001年
優勝 L・ヒューイット(オーストラリア) 準優勝 S・グロージャン(フランス)

2002年
優勝 L・ヒューイット 準優勝 J・C・フェレーロ(スペイン)

2003年
優勝 R・フェデラー(スイス) 準優勝 A・アガシ

2004年
優勝 R・フェデラー 準優勝 L・ヒューイット

2005年
優勝 D・ナルバンディアン(アルゼンチン) 準優勝 R・フェデラー

2006年
優勝 R・フェデラー 準優勝 J・ブレイク(アメリカ)

2007年
優勝 R・フェデラー 準優勝 D・フェレール(スペイン)

2008年
優勝 N・ジョコビッチ 準優勝 N・ダビデンコ

2009年
優勝 N・ダビデンコ 準優勝 J・M・デル=ポトロ

2010年
優勝 R・フェデラー 準優勝 R・ナダル(スペイン)

2011年
優勝 R・フェデラー 準優勝 J・W・ツォンガ

2012年
優勝 N・ジョコビッチ 準優勝 R・フェデラー

2013年
優勝 N・ジョコビッチ 準優勝 R・ナダル

2014年
優勝 N・ジョコビッチ 準優勝 R・フェデラー

2015年
優勝 N・ジョコビッチ 準優勝 R・フェデラー

2016年
優勝 A・マレー(イギリス) 準優勝 N・ジョコビッチ

2017年
優勝 G・ディミトロフ(ブルガリア) 準優勝 D・ゴファン(ベルギー)

2018年
優勝 A・ズベレフ 準優勝 N・ジョコビッチ


「生中継!日清食品ドリームテニスNAGOYA」
錦織圭大坂なおみダニエル太郎チョン・ヒョン(韓国)が出場するエキシビションマッチ「ドリームテニス」が会場を名古屋に移して開催。日本ガイシホールからWOWOWで独占生中継!

【放送予定】
11月25日(日)午前10:55
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・初Vズベレフ「信じられない」
・ベッカム V後のズベレフと1枚
・イズナー「最高のシーズン」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月20日15時28分)

その他のニュース

1月24日

大坂に脱帽「信じられない」 (18時11分)

テニスアンケート 放送編 (17時49分)

大坂なおみ 日本語で感謝の言葉 (17時45分)

【速報中】ナダルvsチチパス (17時35分)

大坂 日本人初の全豪OP決勝へ (16時07分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsプリスコバ (13時55分)

クヴィトバ 全豪OP初の決勝へ (13時47分)

セリーナ 足首負傷「関係ない」 (12時00分)

松岡氏 錦織に同情「苦しい」 (11時08分)

大坂 準決勝「タフな試合」 (11時02分)

錦織の棄権 ジョコ「気の毒」 (7時58分)

1月23日

錦織、死闘続きで満身創痍 (23時36分)

錦織「強い痛み」 右太もも負傷 (20時03分)

ジョコ 棄権の錦織へエール (19時37分)

錦織 途中棄権で初4強ならず (18時46分)

【1ポイント速報】錦織vsジョコビッチ (17時36分)

国枝慎吾 10度目Vへ好発進 (17時35分)

プイユ 接戦制し四大大会初4強 (16時46分)

錦織 王者ジョコ戦へ最終調整 (16時04分)

ジョコのインタビュー動画公開 (13時46分)

大坂なおみ 準決勝は世界8位 (13時25分)

大坂「イライラせずプレー」 (10時59分)

大坂 日本女子25年ぶり4強 (10時31分)

【ポイント速報】ラオニッチvsプイユ (9時09分)

錦織 デ杯メンバー入りせず (8時11分)

錦織vsジョコ 過去の対戦一覧 (7時36分)

1月22日

ジョコ 錦織戦「自信ある」 (21時31分)

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (21時29分)

第4回ジュニアイベント開催 (21時13分)

ナダル 快勝で2年ぶり4強 (20時56分)

【ポイント速報】ナダルvsティアフォー (18時29分)

快進撃 世界35位がGS初4強 (16時57分)

20歳チチパス 四大大会初4強 (14時13分)

錦織 ジョコ戦「長いラリー」 (12時18分)

ラケット破壊「腹立ってた」 (10時57分)

大坂 3年前の全豪「忘れた」 (10時11分)

錦織、全豪OP4回戦の詳細 (8時05分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!