- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 完全復活までの道のり

男子テニスで世界ランク10位のN・ジョコビッチ(セルビア)は19日に自身のホームページで、18カ月間の苦難について綴った。

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で4度目の優勝、13度目のグランドスラム制覇を果たしたジョコビッチは、再びトップレベルへ戻れるかは不安だったと明かした。

「2017年の肘のけがはかなり深刻で、半年のツアー離脱となった。けがはいくつかの問題の1つだった。練習に支障はなく、コートでは楽しんで過ごしていた。でも試合になると、精神的なハードルが立ちはだかっていた」

「これまでの2年間はテニスへの期待値に対して辛抱強くはなかった。賢く戦略を練ることがなかった。肘に深刻な問題が生じていると体が言っているのに耳を傾けなかった。別の解決策を見つけようとしていたし、その解決策は自分自身の中にいつもあった」

「多くのことを変えた。練習、ラケット、チームのメンバー、それでも望むレベルへ戻れるか分からなかった。実際、自分自身の能力をいつも信じていた。でも、違う方向にいっているかもしれないと疑う瞬間もたくさんあった」

ウィンブルドンの準決勝で世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)との死闘を制したジョコビッチは、決勝戦でK・アンダーソン(南アフリカ)を退けた。

そして、息子のステファンがセンターコートのプレーヤーズ・ボックスから父の優勝を祝福した。ジョコビッチは妻のエレナと子どもたちへ感謝の気持ちを綴った。

「表彰式の時、妻が息子を抱いてプレーヤーズ・ボックスにいてくれたのは、これまでのテニス人生で優勝を飾ったどの大会よりも素晴らしかった」

「父親になってからの大きな夢の1つは、子どもたちが試合をしている僕の姿をスタンドから見てほしいというものだった。さらにトロフィーを受け取るところを見てもらえるなんて。数日前、その夢が現実になった。この気持ちはどんなものか」

「それは特別で、満ち溢れて、素晴らしく、うれしいもの。奇跡のよう。あの瞬間に勝るものはない。息子は『お父さん、お父さん』と叫んでいた。それは溶けてしまう瞬間だった。感情で溢れていた。そんな経験ができたことに感謝している」

ウィンブルドン後に発表された世界ランキングで約8カ月ぶりにトップ10へ返り咲いたジョコビッチは、テニス人生で最も苦しかった時期を乗り越え、完全復活を遂げた。






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・最終戦ランク 錦織トップ10へ
・ジョコ時代終焉払拭の復活V

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月21日14時50分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!