- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

棄権ナダルを気遣う「残念」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は9日目の23日、男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)の途中棄権により、思わぬ形で8年ぶりのベスト4進出を果たした第6シードのM・チリッチ(クロアチア)は、試合後の会見で「ラファ(ナダル)はいつも必死に戦い、コートではベストを尽くす選手。オフシーズンもけがに苦しんでいたはず。あんな終わり方で、彼にとっては残念」とコメントした。

>>全豪OP 男子対戦表<<

この日、セットカウント2−1とナダルにリードを許したチリッチだったが、集中力を切らすことなくプレーして第4セットを奪い返す。ファイナルセットの第2ゲームでチリッチがブレークに成功したところでナダルが途中棄権を申し入れた。

「(第3セットを)取れなかったのはアンラッキーだった。それから精神的にさらにレベルを上げなければと感じ、より集中して第3セットを忘れるように努めた。特に第4セットの出だしはエネルギーと集中力を高め、少しフリーポイントが取れ始めていた。全体的に、その頃から信じられないほどうまくボールが打てていた」

ナダルの異変について第4セットの第5ゲーム終了時に気づいたというチリッチは「彼(ナダル)がどこまでやれるか、どう戦ってくるか分からなかった。ただ自分自身に集中して良いプレーを続け、その集中力を維持しようとしていただけだった。そこで0−40となったけど、ブレークされなかった。あそこは第4セットで最も鍵になったところだったかもしれない」と3時間47分の激闘を振り返った。

また、途中棄権したナダルはツアーの過密スケジュールについて「ツアーを仕切っている人は、何が起きているか少し考えてほしい。あまりにも多くの選手がけがをしている」と試合後の会見で苦言。

これに対し、チリッチは「このスケジュールは、もう何年もそうだった。去年からそんな状況が始まった。多くの選手がけがをした。最終的に僕らが体をケアしなければならず、自分にとって正しいスケジュールを組んでいる。体と向き合い、どう感じているかを見る必要がある。非常に多くの大会を戦わなければならないのは理解している」

「自分の考えとしては、僕ら自身が僕らのスケジュールを決める。2カ月のオフを取ったり、多くの試合を削るのは難しいこと。なぜなら、テニスはとてもグローバルなスポーツだから。世界のどこでプレーしてもみんな楽しんでくれる。テニスはどんどんポピュラーになっていると思う。それは僕らも望んでいること」と持論を述べた。

準決勝では、ノーシードからの勝ち上がりで勢いに乗る世界ランク49位のK・エドモンド(イギリス)と対戦する。今回が2度目の対戦で、昨年の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)2回戦ではチリッチがストレートで勝利している。

大会初の決勝進出がかかる大一番に向けてチリッチは「自分としては他の試合と同じように準備するだけ。メディアはラファより簡単な試合のように報じられているけど、彼はここにいるに値する選手」

「自分が集中しなければならないことは、自分自身のテニスを続けること。自分のコートで自分のことだけを考えようと思っている。また素晴らしい試合になればと願っている」と気を引き締めた。






■関連ニュース

・ナダル 猛暑と平等性に見解
・ナダル勝訴 薬物疑惑に終止符
・灼熱の全豪 どのくらいの暑さ?

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月24日20時21分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!