- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

灼熱の全豪 どのくらいの暑さ?

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18・19日、会場の最高気温が40度を超える猛暑日となった。

>>大坂vsバーティ 1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

この2日間はまさに灼熱で、外に出ると数分後には汗が噴き出るほどの暑さ。多くの来場者は強い日差しを避けるため日陰に隠れ、長い時間 日を浴びると熱中症にもなり兼ねない。

観客を見ると一目瞭然で、日陰の席には多くの人々が腰をおろすが、日が当たる席は数名しか座っておらず、試合観戦も過酷な状況を物語っている。


画像:tennis365.net


また、会場に設置されている扇風機や噴水で暑さをしのぐ来場者も多く見受けられる。


画像:tennis365.net


画像:tennis365.net


大会5日目の19日、大会レフリーのW・マッケウェン氏は声明を出した。

この日のメルボルンの予想最高気温は42度で、午後から寒気が入ると予報。そして、午後2時頃に最高気温は40.2度を記録し、WBGT(湿球黒球温度の指標)は31.1だった。マッケウェン氏は「気温とWBGTを見ると、ヒートポリシーの適用に今日はかなり近かった」とコメント。

※ヒートポリシーとは
気温40度を超えた場合、または気温32.5度でも気温・湿度・風速などを加味した体感も考慮し、大会側がプレー続行不可能と判断した場合に中断する特別ルール。

「午後2時25分に40.2度となったが、WBGTは31.1。気象庁から天気の専門家が来ており、気温と寒気が流れ込むタイミングをアップデートしている。WBGTが32.5になったら、速やかに試合中止を求める準備もできていた。しかし、予想通り寒気が流れ込むと、気温は26分間で4.9度下がった。この環境下では公正な判断を下すことが最優先だが、かなり挑戦的なことでもある」


画像:tennis365.net


「選手たちは暑さの中で戦っているが、全豪オープンはヒートポリシーを適用している数少ない大会の1つ。これまでにも基準に達した場合、ヒートポリシーを適用したこともある。メディカル・チームとも密に連絡を取り、選手たちには暑さに対しての準備をしっかりするように伝えている。多くの選手がオーストラリアに早めに来て、気温に慣れるように調整している」

「選手たちの準備は称賛に値する。ここまでの数日は厳しい状況だったが、それでも選手たちは必死に戦った。大会前に知らせているし、それにはヒートポリシーも含まれている。大会はルールやポリシーをしっかり定めた上で開催している。そして公正を保つためにも、それを途中で変えることはできない」

「もちろん、こんな環境のもとでのプレーは簡単ではないと理解している。同時に、我々のチームにとっても挑戦。特にコートで働いてくれているボールキッズや線審らを含めて。こんな中でも、辛さを解消するためにできることはやっている。毎年大会が終わるとポリシーや手順などを見直している。関係者と話し合いもしている」


画像:tennis365.net


18日、第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は最高気温が40度を記録する中、2時間45分で元世界ランク6位のG・モンフィス(フランス)を振り切った。

試合後の会見では「選手がどんな状況を潜り抜けているか理解してほしい。チケット等の関係があるのは分かっている。試合をしなければ観客は嬉しくない。大きな決断を下す前に、色んな角度から状況を見る必要がある」と選手側の意見を主張している。






■関連ニュース

・猛暑 ジョコ「限界だった」
・大坂 猛暑「燃えるような暑さ」
・杉田、ファンへの感謝忘れず

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月19日21時15分)

オススメ記事
その他のニュース

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

10月22日

ラオニッチ 19本エースで8強 (21時56分)

トップ選手が引退発表に反応 (20時28分)

西岡良仁 2回戦は第7シード (18時26分)

激闘制し第2シード撃破で8強 (17時17分)

望月慎太郎 エジプトで初戦突破 (16時01分)

第1シード破り8強「重要な勝利」 (15時54分)

辛勝に「精神的にきつかった」 (14時48分)

躍進シナー「タフな1年だった」 (12時18分)

ディミトロフ 逆転で8強入り (11時29分)

第1シード土居 単複で初戦突破 (10時44分)

前週Vズベレフ 10本DFも8強 (9時00分)

元世界9位ゲルゲス 引退を発表 (7時50分)

10月21日

世界528位がツアー初白星 (16時08分)

16歳ガウフ 元複1位に勝利 (14時58分)

好調の19歳 完勝で初戦突破 (14時25分)

マクラクラン 快勝で初戦突破 (11時54分)

21歳デ ミノーがガスケ撃破 (10時17分)

ナダル、パリ出場を発表 (8時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!