- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

プリスコバ「僅かな差だった」

カロリーナ・プリスコバ
会見時のプリスコバ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は22日、シングルス準々決勝が行われ、第7シードのA・ケルバー(ドイツ)に敗れ4強入りとはならなかった第2シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)は、試合後の会見で「彼女が大事なところで少し上回っていた。本当に僅かな差が出たんだと思う」とコメントした。

>>二宮組 準決勝 1ポイント速報<<

>>東レPPO 対戦表<<

元世界ランク1位同士の白熱した試合が展開されたこの日、プリスコバはトータルで7本のサービスエースを叩き込むも、8本のダブルフォルトを犯し、流れを自身へ引き込むことが出来なかった。ハイレベルなプレーが飛び交う中、最後はケルバーに軍配が上がり、6-7 (5-7), 5-7のストレートで敗れた。試合時間は1時間49分。

会見でプリスコバは「本当に凄い接戦だったと思う。実際、ブレークがあったゲームは1つだけだった。私自身、たくさん良いチャンスがあった。ただ、そのチャンスでことごとくケルバー選手が良いサービスなどでポイントを取ってきた。私のゲームとしては全く悪くはなかったと思うけど、結果的には勝利を収めることは出来なかった」と振り返っていた。

プリスコバとケルバーは今回が9度目の対戦で、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝戦以来の顔合わせだった。その時もプリスコバはケルバーにフルセットで敗れて準優勝に終わっていた。

「ケルバー選手は手堅いプレーをする選手なので、エラーを重ねてしまうのは仕方ないことだと思うけど、今日は多くがそういった展開になってしまった」

「本当に接戦だったので、タイブレークの中でも(互いに)凄く近い戦いが出来ていたと思う。多分その差は2・3ポイントにしか表れなかったと思うけど、彼女の方が少しだけ上回り、そして少しだけミスが少なかった」

勝利したケルバーは、続く準決勝で世界ランク23位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリュチェンコワは、同日の準々決勝でB・ストリツォワ(チェコ共和国)を逆転で下しての勝ち上がり。






■関連ニュース■ 

・プリスコバ 初の世界1位へ
・ケルバー 大坂 なおみは「才能ある選手」
・ナダルに続き世界ランク1位へ
(2017年9月22日19時14分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!