- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退否定もツアー離脱を決断

サンティアゴ・ヒラルド
全豪オープン時のヒラルド
画像提供: tennis365.net
男子テニスで世界ランク130位のS・ヒラルド(コロンビア)は21日に自身の公式サイトで、ツアー離脱を発表した。

現在29歳のヒラルドは、2004年にプロへ転向。2014年はバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)で決勝進出を果たし、錦織圭に敗れるも準優勝を飾った。

その後のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は予選を勝ち抜き、本戦ではL・ヒューイット(オーストラリア)JW・ツォンガ(フランス)A・マレー(英国)を破る快進撃で四大大会に次ぐグレードの 「ATPマスターズ1000」初のベスト8進出。同年の9月には世界ランキングで28位を記録した。

以下は、今回公式サイトに綴られた内容。
====================================
『私のフォロワーたちとメディアの皆様への手紙』

4歳の時にテニスを始め、12歳で実家を出た。そして15歳でプロテニス選手となり、今日まで意識的に休みを取ったことがなかった。

17年以上もの間、毎日のように練習をし、世界中を飛び回り、年間52週間のうち36週間は家におらず、家族や個人的なことに時間を費やすことができなかった。テニスという愛するスポーツに、自分の生活の全てを注いできた。

プロテニス選手としてキャリアから離れるわけではない。この休養は、いくつかの理由から自分にとって大切なものになっている。

1つは、自分の健康に関すること。昨シーズンは100パーセントの力で戦えず、肉体的な問題があった。いくつかの大会は棄権し、ある試合ではコートから去らなければならなかった。

それとは裏腹に、今季は休みなしに戦い続けたことから発生した疲労が今の考えを導き出している。

冷静に分析し、誇りに思えるこの決断は、自分だけではなくコーチ、家族、友人、そしてスポンサーなどをふまえて下した。

自分を信じてくれている人だけではなく、ずっと支え続けてくれた人たち、今回の休養と復帰をサポートしてくれている人たち、全ての人に感謝と愛情を表したい。

現段階では引退発表ではないけど、これまでを振り返り、肉体的な向上を目指す良い機会だと感じている。

それは強さ、エネルギー、健康、モチベーション、情熱、そして愛情を高め、愛してやまないテニスというスポーツへ復帰させてくれるためのトレーニング期間にするつもり。

サンティアゴ・ヒラルド
====================================






■関連ニュース■ 

・1日でプロテニス選手を引退
・元祖妖精ハンチュコバ引退
・引退の伊達に各界からエール
(2017年9月22日15時02分)

その他のニュース

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!