- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退の伊達に各界からエール

アディダス ジャパン株式会社は、8月28日に2度目の現役引退を発表した女子テニスで元世界ランク4位の伊達公子に向けて各スポーツ界を代表する選手からのメッセージを発信する取り組みを行っている。

アディダスは、ツイッターの公式アカウントで「#伊達公子が好きだ」のハッシュタグと共にサッカーの香川真司や中村俊輔、ボクシングの井岡一翔ら各界のトップアスリートからのコメントを公開。今後も多くの選手からのメッセージを発信していく予定となっている。

46歳の伊達は、1989年にプロ転向後、ツアー通算8大会でタイトルを獲得。四大大会では3度ベスト4に進出を果たし、1996年に1度現役を引退。

2008年に現役復帰すると、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ダブルスでベスト4に進出。2016年の全豪オープン後に左膝半月板の内視鏡手術を受けたが、膝の状態が思わしくなく、再手術を行った。

手術以降はリハビリに専念し、今年5月のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)で約1年4カ月ぶりに復帰。同じく5月のチャンウォン女子チャレンジャー(韓国/チャンウォン、ハードコート)で復帰後初勝利を飾った。

今後は、11日開幕のジャパンウィメンズオープン(日本/東京、ハード、 WTAインターナショナル)を最後に2度目の現役生活を引退すると発表している。

公開されているメッセージは下記の通り。(9月6日現在)

【香川真司(サッカー)】
その勇姿が、教えてくれた。年齢はハンデじゃない。経験というアドバンテージなんだ、と。

【中村俊輔(サッカー)】
勝利への探求心。飽くなき向上心。フィールドは違えど、同じアスリートとして尊敬を覚えます。

【野中生萌(スポーツクライミング)】
アスリートとしても。女性としても。私にとって伊達選手は、夢と希望そのもの。

【エディ・ジョーンズ(ラグビー)】
日本代表チームを指導していた頃、よく彼女の話をしたんだ。「伊達選手を見習って自己鍛錬を怠るな」ってね。

【福士加代子(陸上)】
才能を生かすための努力。自分との勝負。テニスに立ち向かう姿勢。これからも、パイオニアとして、伊達さんにしかできない道を切り開いてほしいです。

【井岡一翔(ボクシング)】
伊達選手から学んだこと。挑戦し続けるには、心を柔軟にしておかなければならないということ。

【五郎丸歩(ラグビー)】
テニスを好きになるのに11年かかった、とお聞きしました。私も、ラグビーをもっと好きだと思える日を追い求めたいと思います。

【槙野智章(サッカー)】
国籍、性別、年齢。すべてにおいてパイオニアであった伊達選手。次のステージでも、どんな道を切り拓いていかれるのか楽しみにしています。

【山田哲人(ベースボール)】
モチベーションを保ち続けることがプロの仕事ならば、伊達選手は、まさに超一流のプロフェッショナル。

>>アディダス ジャパンの公式ツイッターアカウントはコチラ<<


■関連ニュース■ 

・伊達公子、現役引退を発表
・伊達公子、錦織を称賛
・伊達 公子、大坂 なおみを称賛
(2017年9月7日14時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!