- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退の伊達に各界からエール

伊達公子
元世界ランク4位の伊達公子
画像提供: アディダス ジャパン
アディダス ジャパン株式会社は、8月28日に2度目の現役引退を発表した女子テニスで元世界ランク4位の伊達公子に向けて各スポーツ界を代表する選手からのメッセージを発信する取り組みを行っている。

アディダスは、ツイッターの公式アカウントで「#伊達公子が好きだ」のハッシュタグと共にサッカーの香川真司や中村俊輔、ボクシングの井岡一翔ら各界のトップアスリートからのコメントを公開。今後も多くの選手からのメッセージを発信していく予定となっている。

46歳の伊達は、1989年にプロ転向後、ツアー通算8大会でタイトルを獲得。四大大会では3度ベスト4に進出を果たし、1996年に1度現役を引退。

2008年に現役復帰すると、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ダブルスでベスト4に進出。2016年の全豪オープン後に左膝半月板の内視鏡手術を受けたが、膝の状態が思わしくなく、再手術を行った。

手術以降はリハビリに専念し、今年5月のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)で約1年4カ月ぶりに復帰。同じく5月のチャンウォン女子チャレンジャー(韓国/チャンウォン、ハードコート)で復帰後初勝利を飾った。

今後は、11日開幕のジャパンウィメンズオープン(日本/東京、ハード、 WTAインターナショナル)を最後に2度目の現役生活を引退すると発表している。

公開されているメッセージは下記の通り。(9月6日現在)

【香川真司(サッカー)】
その勇姿が、教えてくれた。年齢はハンデじゃない。経験というアドバンテージなんだ、と。

【中村俊輔(サッカー)】
勝利への探求心。飽くなき向上心。フィールドは違えど、同じアスリートとして尊敬を覚えます。

【野中生萌(スポーツクライミング)】
アスリートとしても。女性としても。私にとって伊達選手は、夢と希望そのもの。

【エディ・ジョーンズ(ラグビー)】
日本代表チームを指導していた頃、よく彼女の話をしたんだ。「伊達選手を見習って自己鍛錬を怠るな」ってね。

【福士加代子(陸上)】
才能を生かすための努力。自分との勝負。テニスに立ち向かう姿勢。これからも、パイオニアとして、伊達さんにしかできない道を切り開いてほしいです。

【井岡一翔(ボクシング)】
伊達選手から学んだこと。挑戦し続けるには、心を柔軟にしておかなければならないということ。

【五郎丸歩(ラグビー)】
テニスを好きになるのに11年かかった、とお聞きしました。私も、ラグビーをもっと好きだと思える日を追い求めたいと思います。

【槙野智章(サッカー)】
国籍、性別、年齢。すべてにおいてパイオニアであった伊達選手。次のステージでも、どんな道を切り拓いていかれるのか楽しみにしています。

【山田哲人(ベースボール)】
モチベーションを保ち続けることがプロの仕事ならば、伊達選手は、まさに超一流のプロフェッショナル。

>>アディダス ジャパンの公式ツイッターアカウントはコチラ<<


■関連ニュース■ 

・伊達公子、現役引退を発表
・伊達公子、錦織を称賛
・伊達 公子、大坂 なおみを称賛
(2017年9月7日14時00分)

その他のニュース

9月24日

第1シード下し大会初V王手 (8時30分)

【告知】東レPPO 決勝 (7時39分)

9月23日

フェデラー快勝、欧州リード (21時57分)

ムグルサ「決勝いきたかった」 (21時43分)

ウォズニアッキ 東レ連覇狙う (21時39分)

フェデラー/ナダル組が実現 (20時52分)

GAORA ナダルら出場大会を放送 (20時09分)

東レ複優勝「必ずまた来年」 (19時20分)

杉田ら成都OP組み合わせ発表 (18時19分)

「厳しい戦い」制し決勝進出 (17時34分)

ケルバー 勝利へ「少し」届かず (16時24分)

ウォズニアッキ 2年連続決勝へ (15時43分)

【1ポイント速報】ムグルサvsウォズニアッキ (15時42分)

ケルバー 後半反撃も力尽きる (14時20分)

【1ポイント速報】ケルバー 準決勝 (14時19分)

ナダル組敗退 レーバー杯結果 (14時02分)

amazonプライムで最終戦配信 (11時32分)

2時間超えの激闘の末に敗退 (11時12分)

9月22日

二宮組 惜敗で決勝進出ならず (23時07分)

【1ポイント速報】二宮組 準決勝 (23時05分)

ムグルサ 準決勝へ意気込み (21時59分)

昨年女王 思わぬ形で4強入り (21時31分)

ケルバー語る トップの重圧 (20時36分)

プリスコバ「僅かな差だった」 (19時14分)

ゴファン 初戦は元9位に苦戦 (18時35分)

女王ムグルサ 東レ3年ぶり4強 (18時24分)

【1ポイント速報】ムグルサvsガルシア (18時19分)

初日 ズベレフvsシャポバロフ (17時16分)

ケルバー、プリスコバ下す (16時47分)

岡垣、松本がスペイン初挑戦 (15時54分)

引退否定もツアー離脱を決断 (15時02分)

2時間超の接戦制し初4強 (14時54分)

テニスの日 9/23にイベント (14時03分)

伊藤竜馬 ストレート勝ちで4強 (13時01分)

ツォンガ 16本のエースで勝利 (11時09分)

昨年初Vも今年は初戦敗退 (7時53分)

9月21日

奈良/尾崎「次に繋がる試合」 (20時49分)

昨年女王 辛くも初戦突破 (20時04分)

世界7位コンタ 東レ初戦敗退 (19時13分)

セリーナ 男女差別の過去を激白 (18時09分)

日比野菜緒 全仏女王に敗れる (17時59分)

【1ポイント速報】日比野 2回戦 (17時58分)

奈良/尾崎組 東レ4強ならず (17時54分)

二宮真琴「思い切って出来た」 (17時07分)

ズベレフ兄 逆転勝ちで初戦突破 (16時32分)

コンタ 東レPPOへ意気込み (14時54分)

奈良くるみ 東レ初8強ならず (14時47分)

【1ポイント速報】奈良vsガルシア (14時45分)

二宮真琴組 シード破り4強 (13時48分)

フェデラーやナダルらが集結 (11時55分)

デ杯2018 組み合わせ一覧 (11時08分)

デ杯、日本は伊と岩手で対戦 (10時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!