- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達公子、現役引退を発表

伊達公子
引退を発表した伊達公子
画像提供: tennis365.net
女子テニスで元世界ランク4位で伊達公子は28日、自身のブログを更新し、9月11日開幕のジャパンウィメンズオープン(日本/東京、ハード、 WTAインターナショナル)を最後に2008年に現役復帰をしてから2度目の現役を引退することを発表した。

「伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」と綴った伊達は、1989年にプロ転向後、ツアー通算8大会でタイトルを獲得。四大大会では1994年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、1995年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、1996年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト4に進出を果たし、1996年に1度現役を引退。

その後、2008年に現役復帰すると、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ダブルスではベスト4に進出。2016年の全豪オープン後に左膝半月板の内視鏡手術を受けたが、膝の状態が思わしくなく、再手術を行った。

以降はリハビリに専念し、今年5月のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)で約1年4カ月ぶりに復帰。同じく5月のチャンウォン女子チャレンジャー(韓国/チャンウォン、ハードコート)で復帰後初勝利を飾った。

「膝の手術を経て痛みを乗り越え、リハビリを乗り越え、トレーニングに取り組み、コートに立てるレベルにまで来れたことは、大きな大きな成果でした。しかし怪我前のレベルと比べると…やはりギャップを埋めることはなかなか簡単なことではないことを感じています。」

「今は今しかできない、プロテニスプレイヤーとしての残り限られた時間をしっかりと受け止めながら過ごしたいと思っています。怪我があったとは言え、楽しかったツアー、トップ50でプレーできたこと、多くのサポートへの想いなど充実した9年半のいろいろな想いは、有明が終わってからまたblogを通して、ゆっくりと振り返る機会を持ちたいと思います。」

46歳の伊達は最後に、現役最後の試合となるジャパンウィメンズオープンに向け「どんなプレーがどこまでできるか未知数ではありますが、ひとまずは私自身の決断のご報告と同時に再チャレンジのピリオドを打つ瞬間を多くの方と共有できればと思います」と心境を明かした。






■関連ニュース■ 

・伊達公子、錦織を称賛
・伊達公子、大坂 なおみを称賛
・46歳 伊達公子、復帰後初勝利
(2017年8月28日15時53分)

その他のニュース

9月15日

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

9月13日

香港OP デモ影響で延期に (17時42分)

ハレプ 来季コーチが復帰へ (15時54分)

日比野菜緒、昨年覇者破り4強へ (14時58分)

快勝ダニエル太郎 CH8強へ (13時53分)

大坂 コーチへ「感謝している」 (11時33分)

元1位クレイステルス 復帰へ (10時35分)

マレー 上海にWCで出場決定 (9時00分)

大坂 コーチ関係解消を発表 (6時59分)

9月12日

「ラファは再び証明した」 (19時41分)

土居美咲 熱戦を制し8強へ (18時26分)

杉田祐一8強 内田海智破る (18時07分)

錦織vsフェデラー 先行販売 (16時48分)

奈良くるみは8強ならず (15時14分)

八百長で永久追放と罰金 (14時43分)

ムラデノビッチが8強進出 (13時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!