- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達公子、大坂なおみを称賛

伊達公子
大坂なおみを称賛した伊達公子
画像提供: tennis365.net
女子テニスで世界ランク4位まで上り詰めた46歳の伊達公子は18日、契約を結んでいるテニス用品メーカー ヨネックス株式会社主催のトークショーに登場し、現在開催中の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で初戦突破を果たした19歳の大坂なおみについて「追い込まれてからの勝負強さ、10代にしては頼もしいなというところが彼女にはあります」と称賛した。

>>大坂vsコンタ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

17日に行われた全豪オープン1回戦で、世界ランク48位の大坂は同183位のL・クムクーム(タイ)を6-7 (2-7), 6-4, 7-5の逆転で下して2回戦へ進出した。この試合をテレビで見ていた伊達は「(大坂がブレークする前に)何度か一緒に練習したりしてたんですけど、その時に比べて安定力もあります。もちろん、パワーも勝っています」

「最後までどっちに転んでもおかしくない状況の中で、彼女(大坂)がやっぱり打ちきって、攻めきった。引くことなく取りきった試合だったかなと思います」と大坂を褒め称えた。

また、男子シングルスで西岡良仁も予選勝者のA・ボルト(オーストラリア)を6-4, 1-6, 6-2, 6-4で下して全豪オープン初勝利をあげた。2回戦で西岡は第13シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、大坂は第9シードのJ・コンタ(英国)と対戦する。

両者ともに格上の選手と対戦することについては「1試合1試合が、ものすごくいい経験になります。やはりグランドスラムは特別感があるので、1つ1つかなり緊張感があり、会場の雰囲気というものが格別の中での試合となる。ましてや、1つ勝った後の2回戦、その次となっていくほどレベルは上がっていくので楽しみですね」と期待を寄せた。

伊達は、昨年の全豪オープン予選1回戦で敗退した後、左ひざ半月板軟骨の故障を理由にツアーを離脱し、現在復帰に向けてリハビリを行っている。この1年間を振り返り「ちょうど1年ぐらいになるんですけど、約1年経ってやっとほぼ痛みを感じないで、どの動きもできるようになりました。今1番怖いのは、後ろに下がりながらのジャンピングスマッシュ」と明かした。

この日は、ヨネックスの新ラケット「ASTREL」が披露された。自身も試打したラケットについては「1番は(ボールの)飛びが良い。オフショットになっても(スイートスポットを外しても)しっかりボールが飛んでいってくれるのが1番のポイントではないかなと思う」と語った。






■関連ニュース■ 

・錦織 初戦に比べ「よかった」
・大坂なおみ「負けたくなかった」
・西岡良仁 初の全豪2回戦へ
(2017年1月19日0時02分)

その他のニュース

7月17日

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

7月14日

日本男子初の快挙 望月が頂点に (22時35分)

望月慎太郎V 日本男子初の快挙 (22時09分)

デル=ポトロ 松葉杖なしに (16時58分)

ハレプ 腹痛乗り越え快挙達成 (15時00分)

約5時間の死闘制し初優勝 (13時59分)

セリーナ 産後初Vと偉業逃す (7時53分)

ハレプV「人生で最高の試合」 (5時56分)

セリーナ わずか56分で敗れる (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!