- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヴィーナス「多くを学べた」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク83位のS・スティーブンス(アメリカ)にフルセットで敗れ、決勝進出とはならなかった第9シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)は試合後の会見で今シーズンについて「敗戦より明らかに勝利の方が多かった。そして素晴らしい試合もたくさんあり、勝利からも敗戦からも多くを学べた」と振り返った。

>>ナダルvsデルポ 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

この日の第1セット、17本のアンフォースドエラーを記録するなど精彩を欠いたヴィーナスは、24分でこのセットを落とした。

「(第1セットは)良いプレーが出来なかった。ただそれだけ。ためらわずにどうやったらボールが相手コートへ返るかを見つけ出すように努めなければならなかった。理解はしたけど、彼女が素晴らしい守りを見せていた。」

続く第2セットを奪い返し、セットカウント1−1に追いついたが、ファイナルセットはスティーブンスの鉄壁の守備の前にミスを重ね、1-6, 6-0, 5-7のフルセットで敗れた。試合時間は2時間7分。

勝敗を分けたファイナルセットについては「良い戦いだったのは確か。結果的に彼女の方がより多くのポイントを獲得した。だから、この結果になった。対照的なプレーだった。自分は攻撃的なテニスを続け、これまで勝ってきたテニスを続けた。ただ、ネットでのミスが多すぎた。」

「他に出来ることはなかった。ただ攻撃的にプレーして、最高のポイントを取りにいった。そして彼女が少しだけ良いプレーをしていた。時には運もあり、時にはそうではない」と振り返った。

37歳のヴィーナスは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を飾っていたが、15年ぶりの全米オープン決勝進出とはならなかった。

一方、ノーシードから四大大会優勝に王手をかけたスティーブンスは、決勝で第15シードのM・キーズ(アメリカ)と対戦する。全米オープンの女子シングルスでアメリカ勢が優勝を争うのは、2002年のS・ウィリアムズ(アメリカ)とヴィーナスの決勝以来15年ぶりとなる。






■関連ニュース■ 

・下着ピンクで警告ヴィーナス
・伊達 公子 聖地有明で引退会見
・フェデラー落胆「辛いこと」
(2017年9月8日17時12分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!