- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快進撃の25歳破りGS初4強

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス準々決勝が行われ、第12シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)が第29シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4, 6-4, 6-2のストレートで下し、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>クエリーvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

両者初の対戦となったこの日、第1セットの第1ゲームで早くもブレークに成功したカレノ=ブスタは、その後もリードを守りこのセットを先取。続く第2セットでも先にブレークし、徐々に調子を上げてきたシュワルツマンを引き離して2セットアップとする。

その後、集中力を欠いたシュワルツマンの隙をついて2度のブレークに成功したカレノ=ブスタは、さらにギアを上げてリードを守りきり、勝利を手にした。

準決勝では、第17シードのS・クエリー(アメリカ)と第28シードのK・アンダーソン(南アフリカ)の勝者と対戦する。

世界ランク19位のカレノ=ブスタは2009年にプロへ転向し、ツアー3大会でタイトルを獲得。今年は5月のエストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)で優勝を飾っている。

四大大会では、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)ベスト8進出が最高成績だった。

今大会は、1回戦でE・キング(アメリカ)、2回戦でC・ノリー(英国)、3回戦でN・マウー(フランス)、4回戦でD・シャポバロフ(カナダ)とここまで全て予選勝者に勝利して準々決勝へ駒を進めた。

一方、敗れた25歳のシュワルツマンは今大会、1回戦でC・ベルロク(アルゼンチン)、2回戦でJ・ティプサレビッチ(セルビア)、3回戦では2014年覇者で第5シードのM・チリッチ(クロアチア)、4回戦で第16シードのL・プイユ(フランス)を破る快進撃でグランドスラム初の8強入りを果たしていた。






■関連ニュース■ 

・デルポ フェデラー戦は「光栄」
・GS初16強「ちょっとびっくり」
・快進撃の18歳「人生変わった」
(2017年9月6日3時27分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!