- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 落胆「自分に原因あった」

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、グループ・ジョン マッケンローの予選ラウンドロビンが行われ、既に2年ぶり2度目のベスト4進出が決まっていた第5シードの錦織圭(日本)は第7シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-3, 2-6, 3-6の逆転で敗れた。

>>錦織vsジョコビッチ1ポイント速報<<

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

試合後の会見では「(第2セットの)最初でミスが相次いだり、プレーが単調になってしまったり。相手も良かったけど、自分に原因があった。すごい勿体無かったです」と落胆した。

この日、第1シードのA・マレー(英国)が第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に勝利したことで、決勝トーナメント進出が決まっていた錦織は第1セットを先取したが「第2セットからリターンゲームが苦しくなってきたり、彼(チリッチ)のサービスが良くなったりした。相手も簡単にミスをしなくなった」と悔やんだ。

4強入りしていたことについて「特に考えていなかった。この大会はポイントをも付くので、そんなに意識はしていなかった」と話した錦織は、翌19日に行われる第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝へ向け「あまり考えないように、明日戦うだけです」とコメント。

両者は今回が13度目の対戦で、錦織の2勝10敗(2014年のマイアミ・オープン準決勝は錦織が棄権)。錦織は2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準決勝以降、9連敗している。

ジョコビッチは、今年は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で史上8人目の生涯グランドスラムを達成して以降、不振が囁かれていたが、今大会では5連覇と6度目の優勝に向けグループ・イバン レンドルを3戦全勝で1位通過を決めている。

両者の準決勝は、日本時間20日の5時(現地19日の20時)以降に開始予定。

また、グループ・ジョン マッケンローを3連勝で1位通過のマレーは、準決勝でグループ・イバン レンドル2位通過を決めた第4シードのM・ラオニチと対戦する。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 3勝0敗
(3)S・ワウリンカ 1勝2敗
(5)錦織圭 1勝2敗
(7)M・チリッチ 1勝2敗


【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(4)M・ラオニチ 2勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム 1勝2敗
(9)D・ゴファン(ベルギー) 0勝1敗

ATPワールドツアー・ファイナルズは4選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。






■関連ニュース■ 

・錦織をマレーが絶賛「上手い」
・錦織「やっぱちっちぇーな」
・ジョコ 警告は「受け入れた」
(2016年11月19日10時06分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!