- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織ら波乱の中 ティエム優勝

男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子(メキシコ/アカプルコ、ハード)は27日、シングルス決勝が行われ、第4シードのD・ティエム(オーストリア)が第5シードのB・トミック(オーストラリア)を7-6 (8-6), 4-6, 6-3のフルセットで下して大会初優勝、今季2勝目を飾った。

>>アカプルコ大会 対戦表<<

決勝戦、第1セット序盤でティエムはトミックにリードを許すも、タイブレークの末に最後ロングラリーを制してこのセットを先取。しかし第2セットを落とし、ファイナルセットもトミックにリードされたが、挽回に成功して1時間55分で勝利した。

今月のアルゼンチン・オープンでR・ナダル(スペイン)らを破り優勝、前週のリオ・オープン男子ではD・フェレール(スペイン)に勝利するなど現在波に乗っている若手のティエムは、今回のタイトル獲得でキャリア通算5勝目となった。

一方、準優勝のトミックはシード勢と対戦することなく決勝へ駒を進めていたが、惜しくも今季初のタイトル獲得とはならなかった。

今季開幕戦のブリスベン国際男子では錦織圭らを破り4強入り、全豪オープンではA・マレー(英国)に敗れるもベスト16進出を果たした。

また、今大会は第1シードで昨年覇者のフェレールと第2シードの錦織は2回戦敗退、第3シードのM・チリッチ(クロアチア)と第6シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と第8シードのJ・シャーディ(フランス)は初戦で姿を消すなど、シード勢が早期で敗退した。








■関連ニュース■ 

・錦織 対戦したティエム評価
・錦織 敗因を分析「ミスばかり」
・錦織やBIG4脅かす若手
(2016年2月28日15時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!