- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ケルバー 四大大会初の決勝へ

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は28日、女子シングルス準決勝が行われ、第7シードのA・ケルバー(ドイツ)が世界ランク47位のJ・コンタ(英国)を7-5, 6-2のストレートで下し、四大大会初の決勝進出を果たした。

>>全豪オープン対戦表<<

この試合、ケルバーはゲームカウント3−0から5ゲーム連取されるも、その後4ゲーム連取に成功して第1セットを先取する。

第2セットでは第1ゲームでブレークに成功し、その後ブレークバックを許さず、ドイツ人女子としてL・フーバー(アメリカ)以来20年ぶりの決勝進出を決めた。

今大会ケルバーは世界ランク64位の土居美咲(日本)との1回戦でマッチポイントを握られるも、逆転勝利に成功。その後は2回戦からストレート勝ちで全豪オープン初のベスト4進出を果たした。

決勝では、2連覇と7度目の優勝を狙う第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。準決勝でセリーナは第4シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)を下しての勝ち上がり。過去の対戦成績は1勝5敗と大きく負け越しているが、2012年のシンシナティ・オープンの準々決勝で1度だけ勝利している。

一方、敗れたコンタは決勝進出こそ叶わなかったが、全豪オープン初の本戦出場でベスト4進出。イギリス人の女性選手が準決勝に進出するのは32年ぶりのことだった。

また、今大会では男子シングルスでA・マレー(英国)がベスト4進出を果たしており、イギリス勢の男女が揃ってベスト4に進出するのは1977年以来39年ぶりの快挙となった。

同日行われた男子ダブルス準決勝ではJ・マレー(英国)/ B・ソアレス(ブラジル)組がA・マンナリノ(フランス)/ L・プイユ(フランス)を下し決勝進出を果たすなど、今大会はイギリス勢が活躍している。

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・セリーナ圧倒 2連覇に王手
・全豪初本戦で4強の快進撃
・引退覚悟も予選から8強入り
(2016年1月28日14時41分)

その他のニュース

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!