- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全豪初本戦で4強の快進撃

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は27日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク47位のJ・コンタ(英国)が予選勝者で同133位のZ・シュアイ(中国)を6-4, 6-1のストレートで下し、大会初の本戦入りでベスト4へ進出する快進撃を見せた。

>>全豪オープン対戦表<<

今大会のダークホースである両者の対戦、コンタは4本のダブルフォルトを犯すも、シュアイのサービスゲームでは6度のブレークに成功して1時間23分で4強入りを決めた。

準決勝では第6シードのA・ケルバー(ドイツ)と対戦する。ケルバーは準々決勝で第14シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)をストレートで下しての勝ち上がり。

これまで3年連続で予選敗退だったコンタ。今回は本戦ストレートインからのスタートで、第8シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を1回戦で破ると、2回戦でS・ゼン(中国)、3回戦でD・アレルトバ(チェコ共和国)、4回戦で第21シードのE・マカロバ(ロシア)を破っての勝ち上がりだった。

一方、敗れたシュアイは予選3試合を勝ち抜き、本戦1回戦で第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)を下す番狂わせを起こした。その後、2回戦でA・コルネ(フランス)、3回戦でV・レプシェンコ(アメリカ)、4回戦で第15シードのM・キーズ(アメリカ)を破っての勝ち上がりだったが、快進撃は準々決勝でストップした。

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・土居 美咲、大健闘も惜敗
・引退覚悟も予選から8強入り
・セリーナ シャラポワに18連勝
(2016年1月27日13時22分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!